This Category : かばん教室

--.--.-- *--*

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.01.28 *Sun*

ヌメ革の手帳-4

ほぼ日手帳用手帳カバー、ほぼ完成しました!
手帳カバー-1 手帳カバー-背面 手帳カバー-中
型紙通りに切った革を何枚も貼り合わせているので、コバにちょっと段差が出来ているので、まず包丁で平らにならします。ならす方法は、手漉きの要領で。そして、周囲をぐるっと縫ってからヤスリがけし磨いて完成。
文章で書くと短いですが3時間みっちりかかりました。
ほぼ日手帳を入れたみた閉じてみた
早速、ほぼ日手帳を入れてみました。
サイズはピッタリいい感じです。

ほぼ完成といったのは、しおりの先端に付ける予定のタブがついていないから。時間がなくて付けれませんでした。今日でここのかばん教室はおしまいなので、後は家で仕上げようと思います。このままでも使えるので、いつになったらホントの完成になるかはわかりませんが、そのうちに、なんとかね、と思ってます。

写真で見るといい感じに見えますが、気に入らない点が結構あります。接着用のボンドが多すぎてコバがいまいちきれいじゃなかったり、コバをヤスリがけしている時にしおりをちょっと削ってしまったり。。。
まだまだ修行あるのみです!
スポンサーサイト

2007.01.21 *Sun*

ヌメ革の手帳-3

ヌメ革の手帳の3回目です。
ベルト通しを表に開けた穴に通して縫い付けたと、中側に付くポケット類を付けて行きます。
それらが出来たらいよいよすべてのパーツを本体に貼り合わせます。
貼り合わせる時に背の上部分にはしおり用の紐を、右側にはペン差しとベルトを挟み込みます。

手帳-1 手帳-2 手帳-3

後は周囲をぐるっと縫い合わせ、コバを磨くと完成ですが、それは来週ということになりました。

今日、今月いっぱいで辞めたいと申し出たので、来週中には仕上げなくてはいけません。なので、かなりピッチを上げて制作しました。

2007.01.11 *Thu*

冬の問屋めぐり

今日は鞄教室恒例の「問屋めぐり」がありました。前回は夏だったので、夏の恒例行事なのかと思っていたら、冬もあるということで。でも、休み明けだし会社休むのどうしよう?とぎりぎりまで悩んでいたのですが、欲しいものがいくつもあったので思い切って休みを取って行ってきました。
今回の目標は欲しいものを買う以外に「お店の場所を覚える!」です。ぼーっと歩いているとわからなくなるので目印を確認しながら時々手帳にメモしながら行きました。

問屋めぐりで買ったもの
買ったのはこちら↑

浅草のひうちやで麻の糸やコバの染料を買いました。革の細い紐はおまけしてもらいました。
その後革屋さんでヌメ革やクロコの型押しなんかの革を買いました。こちらは重いので配送にしてもらいました。夏の時はがんばってもって帰ったのですが、やっぱり重いので配送が一番です。
次は蔵前の横谷という金具屋では美錠を2種類と底鋲をバッグスクール用に。
そして浅草橋のお店でビニ板やガラス板を買いました。ここではビニ板を好きなサイズに切ってくれるらしいので、いつかはテーブルサイズのビニ板を買いたいと思います。
最後は鴬谷の道具屋さんで菱目打ち(7目)とネジねんクイキリなどを買いました。最初ひうちやさんで買おうと思ったのですが、先生が「高いけど最後にいく所の方がものがいいですよ」というのでここで購入です。確かにいい品。でも値段はひうちやさんの倍しました。でも、長く使って行きたい道具たちですから少しずつですがいいものを揃えて行きたいです。

それにしても、道具ばっかり買って全然家で作れていません。406
何か作りたいな~。

2006.12.24 *Sun*

ヌメ革の手帳-2

前回裁断とコバ漉きの後、ペン差しのサイズが気になっていたのですが、やっぱり作り直すことにしました。
漉いて対応することも出来ますが、漉くと弱くなってしまうので、良くないと言われたので。
ペン差しを裁断し直し、コバも漉き直しました。
ペン差し新旧
上が新しいもの。ほんのちょっとの違いですが、これだけでずいぶんペンが入りやすくなりました。革の厚みも少し違うからかもしれません。

ペン差しを作り直した後は、まずベルトを縫って仕上げました。
ベルト
今回の糸は薄い黄色の細めの糸です。ちょっとヴィトンを意識してみました。

この後はひたすらポケットなど縫う前に磨いておくべきコバをひたすらヤスリがけして磨きます。
コバ磨き
これだけ磨きました。今回磨いた部分は縫わないのでネジねんで線を付けてみました。
ベルト通し穴
本体表の革に穴を開けました。
ベルト通し完成予想図
ベルト通しを通してこんな感じになる予定です。

今年の鞄教室は今日でおしまいです。1月中旬まで鞄教室はお休みなので、家で進められる所は進めていいですよと糸をもらいました。進めたいけど無理かな~。

クリスマスケーキ
夜はクリスマスイブということでケーキを食べました。
不二家のチョコ生ケーキ。
ペコちゃんのチョコはゆずが、パラソルチョコははすぼーが食べました。
ろうそくの火を消したのははすぼー
何にもお願いしないで消したそう。(クリスマスケーキは関係ないのかな?)

2006.12.18 *Mon*

ヌメ革の手帳-1

今年ももう終わりですね。この時期になるの気になるのが来年のスケジュール帳を買わなくっちゃ!ということ。
ここ数年は、バインデックスのA5のシステム手帳だったのですが、ちょっと飽きて来たので、来年はちょっと変えてみようかな~ということで、買っちゃいました「ほぼ日手帳2007」
ほぼ日手帳-表 ほぼ日手帳-中左 ほぼ日手帳-中右
数週間前にLOFTで見たときに買おうかどうしようか迷ったあげく買わなかったのですが、結局ネットで注文して買いました。買ったのは黄色のナイロン製カバーの物です。
「ほぼ日手帳」には革製カバーもあるのですが、ここは一発作るしかない!ということで、今回は手帳カバーを作ることにしました。

イメージ図
ナイロン製カバーを参考にポケットの数や形を変えたり、ペン差しを一つにしてベルトで止めるタイプにしたりと細部を変更しています。

型紙
寸法図をもとに型紙作成。
ポケット一杯にしたので型紙もいっぱいです。

裁断完了
型紙に合わせて革を裁断。
今回の革はナチュラルカラー(?)のヌメ革です。
夏の問屋めぐりで買った物です。
買ったお店の方の話では、ヴィトンの持ち手の修理にも使われる革だと言っていました。
鞄教室の先生にも「高そうな革ですね」と言われました。
重なりが一番多い所で5枚になるので、内ポケット類はまず軽くベタ漉きします。それでも厚い場合はさらにコバ漉きする予定です。ベルトやしおり用の持ち手も軽くベタ漉きです。
中側の床隠しの革は一番薄くベタ漉きです。
本体や外ポケットはコバ漉きで。ベルトやベルト通し、ペン差しなどもコバ漉きをしておきました。

ここまでで終了なのですが、ペン差しを丸めてペンを通してみると、通りにくい。。。
型紙で確認した時は大丈夫だったのですが、革の厚みのせいで通りにくいようです。

今年中に仕上げて新年から使いたい所ですが、今年は後1回、年明けも2回教室がお休みということで新年早々というのは無理かな~?
出来ればお休み中に家で少しでも進められるといいのですが。

プロフィール

けいと

Author:けいと
手縫をメインに良質な革を使い
かばんや小物を作っています。



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



gallery



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言



本棚



天気予報



作品に関するお問い合わせはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



********



Copyright © けいとノート All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: chaton noir  ・・・  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。