This Archive : 2006年05月26日

--.--.-- *--*

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.05.26 *Fri*

電車の中での出来事

昨日、バッッグスクールへ向かう電車の中でのことです。
山の手の内回り(?)池袋、新宿方面から渋谷に向かっていました。
私は新宿で座ることが出来、進行方向右手、ドアよりの席に座っていました。
もう少しで原宿に着くというときです。
座っている私の前を女の人が出口に向かって進んできました。
「ああ、次で降りるのかな?」と思っていたら突然グラッと傾いて、ちょうど私の前でつり革につかまっていた女性にぶつかりました。女性の方は急なことだったので「なに?」と言う感じ。私も最初「変な人?」と言う認識でした。
その女の人はぐらっとしたときにとっさにつり革につかまったままじ~っと動きません。
なんか変な感じ。周りの人もなんだか変な感じに気がつき始めました。
もしかしたら具合が悪いの?と言う感じになって来たので席を立ち「どうぞ」と薦めたのですが無反応。
少ししてから席を譲られたことに気づいたのか、崩れるように席に沈み込みました。
その後ゆっくり目をつぶっていき、びくりとも動かなくなりました。
そうこうしてる間に渋谷に着いてしまったので降りなくてはいけません。
周りで見ていた人もほとんど渋谷で降りてしまうようです。
私の隣、今は倒れた女の人の隣に座っていたおじさんも「体震えてるよ」と言いながら降りていきました。
このままでいいのか?と言う思いがあるもののどうすることも出来ず降りたのですが、駅員に教えることだけはしようと思い、乗っていた電車の号数を確認して駅員を捜しました。
すぐ近くにはいなかったのでしばらく出口の方に進むと駅員の方が忙しそうに乗車の案内をしていました。
すぐ話かけられる雰囲気ではなかったので電車が発車するのを待って「この電車の○号車に具合の悪そうな人がいます」と告げました。「どちら側ですか?」と聞かれたので「こちら側(ホーム側)です」と教え、後はお任せしました。
『駅員の方が次の駅に連絡して次の駅の駅員がなんとかしてくれればいいのだけど』それを祈るしか出来ませんでした。
バッグスクールへ向かって歩いているとき、救急車がサイレンを鳴らし今私が来た方に走っていきました。もしかしたらあの救急車が恵比寿に向かっていて、あの女の人を助けてくれるかもしれない、そんな思いが頭をかすめました。
白い服を着た少し亀梨似のすらっと背の高いきれいな若い女の人。
元気になっていてくれることを願っています。
スポンサーサイト

プロフィール

けいと

Author:けいと
手縫をメインに良質な革を使い
かばんや小物を作っています。



カレンダー

04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



gallery



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言



本棚



天気予報



作品に関するお問い合わせはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



********



Copyright © けいとノート All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: chaton noir  ・・・  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。