This Archive : 2006年12月

--.--.-- *--*

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.12.28 *Thu*

突然の帰郷

年末年始は実家の金沢に帰るつもりでした。会社が28日に終わるので、次の日はゆっくり片付けや準備をしてその次の日に帰省するはずだったのですが。。。

今日(27日)の朝、祖父が亡くなってしまい、急遽明日帰ることになりました。なので、このブログを書くのも今年はこれが最後かもしれません。モブログする暇があったらするかもしれませんが。。。

今年4月から始めたこのブログ。たくさんの方に訪問いただき、コメントもいただけてとっても励みになりました。ありがとうございました。

来年も、ぼちぼちと鞄作りや日々のことを綴っていきますので、時々遊びに来てコメント残して行っていただけると嬉しいです。

来年が皆様にとっていい年でありますように。
スポンサーサイト

2006.12.24 *Sun*

ヌメ革の手帳-2

前回裁断とコバ漉きの後、ペン差しのサイズが気になっていたのですが、やっぱり作り直すことにしました。
漉いて対応することも出来ますが、漉くと弱くなってしまうので、良くないと言われたので。
ペン差しを裁断し直し、コバも漉き直しました。
ペン差し新旧
上が新しいもの。ほんのちょっとの違いですが、これだけでずいぶんペンが入りやすくなりました。革の厚みも少し違うからかもしれません。

ペン差しを作り直した後は、まずベルトを縫って仕上げました。
ベルト
今回の糸は薄い黄色の細めの糸です。ちょっとヴィトンを意識してみました。

この後はひたすらポケットなど縫う前に磨いておくべきコバをひたすらヤスリがけして磨きます。
コバ磨き
これだけ磨きました。今回磨いた部分は縫わないのでネジねんで線を付けてみました。
ベルト通し穴
本体表の革に穴を開けました。
ベルト通し完成予想図
ベルト通しを通してこんな感じになる予定です。

今年の鞄教室は今日でおしまいです。1月中旬まで鞄教室はお休みなので、家で進められる所は進めていいですよと糸をもらいました。進めたいけど無理かな~。

クリスマスケーキ
夜はクリスマスイブということでケーキを食べました。
不二家のチョコ生ケーキ。
ペコちゃんのチョコはゆずが、パラソルチョコははすぼーが食べました。
ろうそくの火を消したのははすぼー
何にもお願いしないで消したそう。(クリスマスケーキは関係ないのかな?)

2006.12.21 *Thu*

ミサンガ製作中

先日ゆずが「ミサンガ作りたいから刺繍糸が欲しい」と言いだしました。「刺繍糸なら山ほどあるよ」とすぐあげようと思ったのですが、部屋が汚いので「部屋きれいにしたらあげる」とおあずけにしていました。(部屋が汚いとか書くから男の子に間違われたのかな~)数日は何も行動を起こさなかったのですが、おとといくらいに何の心境の変化か部屋の片付けをしていました。まだまだの所はありますが、前よりは格段に片付いていたので今日刺繍糸を出してあげました。

ミサンガ製作中
たくさんの刺繍糸の中から3色選んで編んでます。
インターネットで調べた「ナナメ編み」です。
編むというより結ぶんだそうで、思ったより簡単らしいです。
2時間ほどやったけど完成せず。続きは明日にね。

しかし、この刺繍糸たちかな~り昔のものです。一体いつ買ったんだっけかな~?こう見えても(見えないですね)昔はかなり手芸大好き少女だったんですよね~。刺繍、編み物、和裁、洋裁、マスコット作り。。。
ちまちまものを作ってる時って幸せで~す。

工作品
こちらははすぼーが学校で作ったなにか。
なんだろう?ゲームっぽいけど。

2006.12.21 *Thu*

課題制作1-完成!

バッグスクールも今年の授業は今日が最後です。
ホントの最後は来週の月曜なのですが、私は月曜は行けないので今日が最後なんですね。
それだと今月の授業数が4回に足りず、月謝が無駄になってしまうので、今日はがんばって夕方と夜の2回ぶっ続けですることにしました。(えっ?会社は?って?実は今日はゆずの三者面談だったので午後有休なのでした。)

ツマミマチ型のバッグもいよいよ佳境に入って仕上げに入ります。
Dカンをカシメでサイドに付け、表と中袋を口で地縫いした後革でへり巻きし、持ち手をカシメで付けファスナー引き手を付ければバッグ本体は完成です。
後は肩掛け用の調整式ショルダーを作るだけなのですが、学校の在庫にいい色のテープが無かったので授業の合間を縫ってハンズに買いに行きました。帰りにマックで腹ごしらえもしました。
そして買って来たテープとナスカンと一本線でショルダーを作ってホントのホントに完成しました!

正面 後ろ たたんだ状態
正面や後ろから見るとこんな感じ。ショルダーを使う時はこんな風に折り畳みます。

モモアップ サイドアップ
持ち手やサイド、ファスナーなどはこんな感じです。

タグ 中ポケット
中にはタグを縫い付けました。下の方にポケットもあります。

なんだか、簡単そうなのにずいぶん時間がかかりました。
このバッグはバッグスクールに行くときに持っていくために作ったバッグです。
一番の特徴は全高が50cmもあること。これはスクールにいく時に持っていかなくてはいけない50cm定規を入れるためのものです。これで満員電車で誰かに刺さるかもとびくびくしなくて済みます。
早速帰りに使っちゃいました。残念ながら今日は50cm定規は持って行ってなかったので、折り畳んでショルダータイプにして帰って来ました。

さあ、次は何作ろうかな~。お正月休みにゆっくり考えま~す。


2006.12.20 *Wed*

サンタを信じてる?

もうすぐクリスマスです。
クリスマスと言えば、クリスマスプレゼントですね~。もちろん、もらう方ではなくあげる方です。
それとなく欲しいものを子どもから聞き出し、気づかれないように買いに行き、隠しておいてイブの夜に枕元に置く。なんて涙ぐましい努力でしょう。
今の子はいいですね~。
私が子どもの時は、サンタが来るという風習は無かったので、ケーキとチキンを食べてお子様シャンパンを飲むくらいだった気がします。たぶん、サンタは信じてなかったな~。
子どもが産まれたときに、自分は信じてなかったけど、子どもたちは出来るだけ信じさせてあげようと思ってがんばって来ました。
で、今年、ゆずがクリスマスプレゼントにギターが欲しいと言い出した。ネットで調べたらそこそこ安いギターもあるのでまあいいかっと思ったのですが、ふと「そんな大きいものが宅配で届いたら子どもたちは怪しむんじゃないか?」と思ったんです。ゲームソフトぐらいならこっそり買って来て隠しておけるけど、ギターはな~、隠しておくのも大変。
で、おそるおそる聞いてみた「ゆずはさあ、サンタ信じてる?」「信じてないよ」「いつから気づいた?」「4年生くらいに友達が言ってるの聞いてわかった」そっか~、やっぱり中2ともなれば信じてないよな~。はすぼーの手前黙っててくれたのか~。そこで談合開始。「あのさあ、ギター買ってくるとはすぼーにバレルじゃん。今年はゆずにはサンタは来なかったことにしない?お年玉に色付けてギター買ってあげるからさ~」「いいよ」談合成立です。はすぼーには「ねねは部屋汚くて悪い子だからサンタ来なかったね~」と話すことにしました。はすぼー小2。いつまでサンタを信じててくれるかな~。

2006.12.18 *Mon*

ヌメ革の手帳-1

今年ももう終わりですね。この時期になるの気になるのが来年のスケジュール帳を買わなくっちゃ!ということ。
ここ数年は、バインデックスのA5のシステム手帳だったのですが、ちょっと飽きて来たので、来年はちょっと変えてみようかな~ということで、買っちゃいました「ほぼ日手帳2007」
ほぼ日手帳-表 ほぼ日手帳-中左 ほぼ日手帳-中右
数週間前にLOFTで見たときに買おうかどうしようか迷ったあげく買わなかったのですが、結局ネットで注文して買いました。買ったのは黄色のナイロン製カバーの物です。
「ほぼ日手帳」には革製カバーもあるのですが、ここは一発作るしかない!ということで、今回は手帳カバーを作ることにしました。

イメージ図
ナイロン製カバーを参考にポケットの数や形を変えたり、ペン差しを一つにしてベルトで止めるタイプにしたりと細部を変更しています。

型紙
寸法図をもとに型紙作成。
ポケット一杯にしたので型紙もいっぱいです。

裁断完了
型紙に合わせて革を裁断。
今回の革はナチュラルカラー(?)のヌメ革です。
夏の問屋めぐりで買った物です。
買ったお店の方の話では、ヴィトンの持ち手の修理にも使われる革だと言っていました。
鞄教室の先生にも「高そうな革ですね」と言われました。
重なりが一番多い所で5枚になるので、内ポケット類はまず軽くベタ漉きします。それでも厚い場合はさらにコバ漉きする予定です。ベルトやしおり用の持ち手も軽くベタ漉きです。
中側の床隠しの革は一番薄くベタ漉きです。
本体や外ポケットはコバ漉きで。ベルトやベルト通し、ペン差しなどもコバ漉きをしておきました。

ここまでで終了なのですが、ペン差しを丸めてペンを通してみると、通りにくい。。。
型紙で確認した時は大丈夫だったのですが、革の厚みのせいで通りにくいようです。

今年中に仕上げて新年から使いたい所ですが、今年は後1回、年明けも2回教室がお休みということで新年早々というのは無理かな~?
出来ればお休み中に家で少しでも進められるといいのですが。

2006.12.16 *Sat*

ブラインドタッチ練習中

会社で業務効率アップのためパソコンのタイピングを早くするように、という理由のわからない話が持ち上がっている。わたしのタイピングはそんなに遅い方ではないけれど、指使いは自己流なのでもっと速い人にはかなわない。文字の配列も何となくしか覚えていないので、画面よりキーボードを見て打っている。だからやっぱり打ち間違いも多い。デザイナーなんだしそんなもの覚えなくてもいい、と思ってもいた。でも、いまより早くならないとこの話は落ち着きそうもなく、成長がないと思われるのも悔しいのでブラインドタッチを覚えることにした。VECTORからフリーのタイピング練習ソフトをダウンロードして練習することにした。
まずは、徹底的に文字の配列を覚えるために、正しい指で画面の指示通りの文字をひたすら打っていく。今日現在で、なんとかキーボードを見なくても文字がなんとか打てるようになっているのだが、スピードはと言うと、と~っても遅い。しかも、頭の中はキーの配列のことでいっぱいなので、文章がぎこちない。ここまで打ってもう疲労困憊という感じです。
一番難しいのは右手の小指の動き。「P」「ー」を打つのにとっても気を使います。あとは、ホームポジションから下に動く中指と薬指「、」「。」「X」「C」も難しい。そして指が大きく動く「Y」「B」もくせ者。
も~いやっ!と以前のように適当に打ちたくなるのですが、ここで諦めたらこれまでの努力が無駄になってしまうし悔しい。もうしばらくすればなれて早くなるのだろうか。。。。
あと、会社のキーボードと家では全然キーピッチが違うのも辛いです。
疲れてきたので、今日はこの辺で。

2006.12.15 *Fri*

トップスター不在

わが家のクリスマスツリーには足りないものがあります。
それは、星!69
ツリートップに飾る星(トップスター)が無いんです。
近所のスーパーで買ったクリスマスツリーのセットにはこの星は入っていませんでした。
「やっぱり星が無いとね」と、毎年星を探しているのですが、なかなか売っていなくて困っていました。
でも、2週間ほど前に渋谷のロフトにいっぱいあるのを見つけました!
そのときに買えば良かったのですが、大きさがいろいろあり、家のツリーの大きさをもう一度確かめてからにしようと思い、買いませんでした。まあ、いっぱいあるし、次に来たときにもあるだろうと思ったんです。
そして、2週間後の今週買いに行ったら、あんなにいっぱいあった星が全然な~い!
もう、がっかりです。来年は早めに買います!絶対に!

クリスマスツリー
トップスター不在のクリスマスツリー
今年ははすぼーが一人で飾り付けしました。

2006.12.14 *Thu*

革の勉強会

今日は勉強会でした。なので、課題制作はお休みです。
勉強内容は革について、です。

革の種類やなめしの種類、表は吟面、裏は床面というのだよ、とか、コバの処理のいろいろやミシンの違いやミシン針の違い、革漉きについてなどをざっと習いました。だいたい鞄教室で習ったこととかぶることが多かったのですが、革漉きにも斜め漉きや段漉きなど種類があることが勉強になりました。

そんなあと、実際に革漉きや工業用ミシンを使ってみよ~ということでミシン針ケースを作ります。
実は今回の勉強会には好きな生地を持ってこなくてはいけなかったらしいのですが、何かの手違いで私の所にそのメールが来なかったので、生地がありませんでした。他の生徒さんのご好意で生地を分けていただいたのですが、やっぱり自分好みじゃないと気分が乗らなくて困りました。

作ったのはこんな感じ↓
ミシン針ケース表 ミシン針ケース裏
ボタンの留め具やへり巻きに革を使っています。
今回はへり巻き用の革は全漉きでした。
鞄教室の漉き機とメーカーが違うのですこ~しだけ使い方が違いました。
使い心地もちょっと違う。こっちの方が革が回転する刃に持って行かれる感じが無くて使いやすかったです。

ミシン針ケース中 ミシン針ケースアップ
中には1室のポケットと針が入るポケットがあります。
針のポケットの蓋は本来ステッチしなくていいのですが、間違えて目打ちでステッチのガイドを引いてしまったので傷隠しにステッチかけました。

全部工業用ミシンで縫うのかと思ったら工業用ミシンを使ったのは留め具の直線ステッチだけ。簡単に使い方を覚える程度だったようです。結局職業用ミシンに菱針を付けて他の部分は縫いました。先生に職業用ミシンと工業用ミシンの使い分けをもっと詳しく聞きたかったのですが聞けずじまい。今度時間を見つけて聞いてみようと思います。

2時間という限られた時間で作ったので不満な点がいっぱいです。せっかく使いやすそうなミシン針ケースなのにもったいないな~。今度時間があったら作り直してみたいです。やっぱり表に見える所は手縫いできれいに仕上げたくなります。


2006.12.10 *Sun*

カーフのポーチ-6

縫い代に巻いてあった豚革を縫ってひっくり返し、ファスナーに引き手を付けて完成しました!
ポーチ正面
正面から見た所。
実は、ミシンで縫っていると下糸が途中でなくなってしまいました。結構知らずに縫ってしまい、穴がいっぱいあいてしまいました。布ならそのまま縫い直せばいいのですが、革の場合、開いた穴と同じ所に針を入れて縫い直さなければ行けません。一針一針手で回しながら進めて行きます。これが、針を落とす位置がちょっとずれると糸が引っかかってしまい上糸が切れてしまったりと結構大変でした。
ひっくり返してすぐは玉ブチが潰れてしまっているので、ふっくらするように整えてあげます。それにしても、縫い代が結構な厚さなので形を整えるのも大変でした。

ファスナー引き手
ファスナーの引き手をどんな風にしようかとあれこれ迷いました。革ひもが付いてる感じにしたかったのです。穴を開けて通す方法とかもあるらしく教えていただきましたが、結局手縫いでまとめることにしました。ちょっとしか縫わないので針は糸の片方だけにさして行って返ってで縫っています。

ポーチの中
早速道具を入れてみました。細かいものは内ポケットや外ポケットに入れることが出来て便利です。

外ポケット
外ポケットです。中にイエローの豚革が見えてます。
ボビンやミシン糸を入れてみました。

もみじ饅頭
6、7、8日と出張でした。
そのためバッグスクールもお休みで、ブログの更新も出来ませんでした。421
お土産は「もみじ饅頭」
最近はいろんな味があります。
子どもに人気なのは「チョコレート」でした。

2006.12.03 *Sun*

カーフのポーチ-5

今日で完成するぞ!と思っていたのですが、残念ながら完成一歩手前で時間切れになってしまいました。
教室は4人の生徒さんに先生が一人、ミシンが1台漉き機も1台です。
それぞれがそれぞれ別々の作品を作っていて、やっていることがばらばらなので、先生も考えながらの指導になるし、誰かが指導されていて自分が待ち状態ということが結構あって、思ったようには進まないのです。

きょうはまず、先週作った玉縁をマチに仮縫いしてから胴を仮縫いします。
玉縁と胴の長さがちゃんと合うか心配でしたがぴったり合いました。良かった。
胴との合体はコーナー部がちょっと難しく段差が出来てしまうのでそこは縫った後カットしました。
胴とマチを縫い合わせるとき最初はマチ側から縫った方が縫いやすいと言われてそうしたのですが、バッグスクールではいつもマチを下にして胴を上にして縫っているので私には縫いにくく、何カ所も縫い目が落ちてしまいました。なので反対側はいつもの通りの方法で縫うことにしてきれいに1回で縫えました。先生曰く、こっちの方がコーナーは縫いにくいということでしたが、慣れの問題なのかな?

ポーチ裏
途中の写真は残念ながらありません。
これは最後に縫い目に豚革を巻き付けた所。
来週これを縫って、余分をカットして、ファスナーの引き手に革を付ければ無事完成です。

表を見る
ファスナーをなんとか開けて表の様子を見てみます。
玉縁はきれいに出来てるかな~?

プロフィール

けいと

Author:けいと
手縫をメインに良質な革を使い
かばんや小物を作っています。



カレンダー

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



gallery



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言



本棚



天気予報



作品に関するお問い合わせはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



********



Copyright © けいとノート All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: chaton noir  ・・・  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。