This Archive : 2007年02月

--.--.-- *--*

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.02.25 *Sun*

ひたすらのコバ磨き

コバ磨き

今日は鞄教室はお休みなので、バッグスクールの準備でひたすらコバを磨きまくってます。
昨日の夜から初めて今日のよるやっと全部のコバ磨きが終わりました。疲れた~。
持ち手、モモ、口中、口(表胴)、サル革、天蓋、マグネットホック用持ち手。。。。
ホントは一度磨いた後もう一回ヤスリがけすべき所ですが、今回は一回で断念。磨き過ぎかな?右手の手首が痛くなってしまいました。
もともと手首はあんまり強くなくて、中学の時やっていたバドミントンでも腱鞘炎になったことがあります。この前レール床を片手で持った時にちょっとひねった後遺症かもしれないけど、かなり痛いのでしばらく安静にしないとダメですね。

お雛様
この時期頭の痛いのがお雛様の飾り付け。
毎年伸ばし伸ばしにしていてぎりぎりに出してます。
出さないわけにもいかないし、めんど~。
わが家のお雛様は狭い家には不釣り合いな三段雛。
年々飾る場所が無くなって、今年は内裏雛だけでご勘弁を~。
ゆずに記念写真撮る?と言っても「ヤダ」(ちぇっちぇっちぇっ、喜んでないのかよ~)
もっと面倒なのは片付けです!
3月3日過ぎたらすぐ片付けないとお嫁に行けなくなっちゃうよ~。
急がなきゃ~。
スポンサーサイト

2007.02.24 *Sat*

タックとダーツのポーチ

やっとタックのポーチも出来たのでもう一度最初から。
ダーツのポーチの型紙 タックのポーチの型紙
左がダーツのポーチの型紙、右がタックのポーチの型紙です。
どちらも一番下にあるのが本番用型紙、真ん中が元型で一番上が元型から作ったダーツやタックを入れた紙型です。
ダーツのポーチの途中
ダーツのポーチ製作中。最初にファスナーを付けてから中表で周囲を縫います。
ダーツのポーチ ダーツアップ ダーツのポーチの中
こちらは出来上がり。実は先日の出来上がりから直してます。
周囲の縫い代のサイズを間違っていたことに気付いたのでほどいて縫い直しました。
なんかカーブがきつくて形が変だな~、ファスナー周りもきついな~と思っていたらそれが原因でした。
縫い代は内巻きテープで巻いて処理します。

タックのポーチ タックのポーチの中
こちらはタックのポーチです。
ダーツはキチンと縫われていますがタックはふんわり折ってあるだけという感じです。
これはツマミマチの基本形なのですが、ツマミマチでタックの型を取るのは難しいそうです。必ず直角にしなくてはいけない所が何カ所かあって、それを紙型を作った段階で補正するのが結構難しくてみんな頭を抱えてました。
この場合、内袋はタックを入れなくてもいいのですが、タックの無い型紙を作るのが面倒だったので今回は内袋にもタックが入ってます。

やっぱり、今回もプーさんのミシンですが、塗ってる途中で糸切れまくりで大変でした。たぶん糸が切れるのは両面テープのせい。針がベタベタになって糸が切れてしまうようです。それもこれもミシンにパワーが無いから。工業用を買うのはまだ難しそうだから、職業用を買おうかな~と思って今どれを買うべきか迷ってます。学校で使っているのはJUKI製、でもそれよりパワーがあるのがジャノメ製であるらしいのです。使い慣れた方を選ぶか、パワーで選ぶか、う~ん、困った。

2007.02.23 *Fri*

ダーツのポーチ

ダーツのポーチ

昨日勉強会で作った型紙でポーチを作りました。
ダーツを入れるとマチの無いものでも立体的になって容量が多くなります。
下の角の所に入っているのがダーツです。
これを大きくして持ち手などを付ければ立派なバッグです。

タックの方は今日は作れませんでした~。ファスナーの長さ調整に思いのほか時間を取られた。。。家だと金具が飛ばないように気を使うのでいつも以上に時間がかかってしまいました。
それにしても、うちのプーさんミシンではそろそろ限界です。こんな小さなポーチもろくに縫えず、何度も糸切れしました。本気でミシンの購入を考えねば~。

2007.02.22 *Thu*

タックとダーツの勉強会

今日のバッグスクールは「タックとダーツの勉強会」でした。タックとダーツはどう違うの?と言われそうですが、残念ながら今日は型紙の作り方を習っただけで実際に縫えていないのでお見せ出来るものがありません。
型紙はなんとか二つ出来上がったので、今度作ってお見せしますので、しばらくお待ちください。

型紙を作るときは元型を作ってから、要らない紙でタックまたはダーツを作り、その上に元型を載せて形を写して写された紙を開いて細かい所を修正してから本番の型紙を写し取るという何とも面倒な作業をします。文章だけじゃわかりませんよね。ごめんなさい。詳細は後日に。。。

2007.02.19 *Mon*

東京マラソン

マラソンなんて私の人生には全く持って無縁なんだけど、義妹が東京マラソンに出るということでわざわざ北海道から泊まりにきていたので、ちょっとだけ東京マラソンの話題です。
義妹は昨年11月の東京女子マラソンにも参加し完走した強者です。当日は雨の中7時頃にわが家を出て新宿に向かったそう。(家族はみんな夢の中でした。ごめんなさい)
義妹が出ているということで9時からの中継をはすぼーと二人で観戦しました。(後の二人はまだ夢の中)「○○ちゃん、いるかな~」と見ても3万人の人の中からは見つけ出すことは無理!大体ゼッケンの番号もどんな服きてるかも知らないし。。。
ただただはすぼーと二人で「雨寒そうでたいへんだね~。ママには絶対無理だよ~」「はすぼーも無理~」と言い合っていました。

東京マラソン土産
完走した女性ランナーには花束のプレゼント。
持って帰れないということでわが家に飾りました。
結果は3時間30分ほどで完走したそうです。
すごいね~。ホント、私には無理!

2007.02.18 *Sun*

カードケースのコバ磨き&眼鏡ケース

: 鞄教室 :
先週縫いまで終わっているカードケースのコバを磨いて仕上げます。
豆カンナでコバを削って平らにならした後紙ヤスリで磨いてふのりを塗って磨いていきます。
カードケース完成
何度かヤスリがけとふのり磨きを繰り返して完成です。
更に蜜蝋を塗って磨くともっとツヤツヤになって防水効果もあるそうです。
蜜蝋、塗ってみました。少しざらついた感じのあった所もつるつるです。
今度買ってこよう。蜜蝋。

カードケースが終わったので次の課題、眼鏡ケースです。
お手本の型紙を参考に型紙を作ってから表革と裏革をベタ貼りしてから裁断します。
そして、縫わないでそのままの部分のコバ磨きをしておきます。
眼鏡ケース表 眼鏡ケース裏
不思議な形。これはなに?犬?家?えい?

眼鏡ケースのコバ
コバは革がこげ茶なのでこげ茶の染料で染めてみました。
ヤスリがけして染料を塗ってふのりで磨いてを繰り返します。ピカピカになりました。

来週は鞄教室はお休みです。続きは再来週。眼鏡ケースではすくい縫いを習います。

2007.02.16 *Fri*

課題制作2-5

授業が始まる前に持ち手とモモを切ったりして準備です。持ち手はゴムのりで貼ってから切りました。
持ち手
二本切り出して周囲をミシンがけしました。切り出しは革包丁で。鞄教室に習って定規でやってみたけどまだ慣れていないのでちょっと難しかったです。でも、革包丁を良く研いだおかげでとっても切れが良かった。やっぱ道具の手入れは大事ですね。力を入れなくてもすーっと切れてくれました。切れすぎてコワイぐらい。
持ち手アップ
ツメ押さえを使えばきれいに縫えます。二重になる所は同じ穴を縫うように慎重に手で回しながら。

口とモモ
表背胴にはファスナーポケットがつくのでそのための口を開けました。
モモは美錠を通す所は2重に。切った後合わせてみるとモモがちょっと大きくて口部分の革に対してギリギリな感じなので、型紙をちょっと修正しました。

裏胴
裏胴に口中が付きました。でもまだ自立はしません。

また宿題として革パーツのコバ磨きをしていかなくては。持ち手にモモにサル革に口。いっぱいあるけど、来週は勉強会で課題制作は2週間後なので、のんびり仕上げていこうっと。

2007.02.13 *Tue*

初スキー

3連休最終日、スキーに行ってきました~!
行ったのはGALA。お得な日帰りスキーパックの切符を使ってです。
新幹線の往復(指定席)と1日リフト券、場内のお買い物1000円券もしくはガーラの湯入湯券、スキーレンタル20%引き券が付いたお得な券です。スキーウェアだけを持って気軽に行けるので、車の無いわが家にはピッタリ。
天気予報は午前中雪で午後は曇りだったのですが、実際は午前中晴れで午後雪でした。
暖冬で例年より2m位雪が少ないそうですが、それでも1m50cm積もっていたし、前日も降っていたということで雪質はなかなか良かったです。でも、雪の中のスキーはやっぱり寒い。思わずゴーグル買っちゃいました。

ゆずはスイミングスクール主催のスキー教室に何度も行っているのでそこそこ滑れます。でも、のんびり自分のペースで滑りたいお嬢様気質。はすぼーも2回そのスキー教室に参加経験あり(1回目は行ったとたん熱を出してずーっと宿に居たらしいです)で、ハの字で滑るのは平気のスピード狂。
初スキー
↑でも、平らな所を歩くのは苦手で、ゆずのストックに捕まって引っ張ってもらってます。
雪だるま
↑お昼ご飯の後はすぼーが作った雪だるま。体調15cmほど。

はすぼーにはもう少し上達して欲しいので午後はスクールに入ってもらいました。親バカなのでどんな風にレッスン受けてるんだろう?と後を付けて見ちゃいました。ゆずならこう言うときあっちへ行ってよ~となる所ですが、はすぼーはちょっとうれしそうに手を振ってくれました。まあ、ストーカーもどきはそこそこにその後は後を付けなかったのですが、レッスンを終わったはすぼーは、朝とはちょっと変わって、ゆずに引っ張られなくても大丈夫になっていました。ちょっとは成長したかしら?そして、レッスンで滑った斜面を順番に滑って教えてくれました。

ここのゲレンデは夕方5時には終わってしまうので帰りはゴンドラに列が。。。もう少し早めに下山した方が良かったようです。帰りに入ったガーラの湯も混んでいて、男性の方は入場制限かかってました。女性の方は入場制限は無かったものの、混んでいて洗い場に列が出来ていました。

ここでお得な情報を一つ。スキースクールやショップでの買い物にVIEWカードを使うと割り引いてもらえます。スクール3500円の所3150円だから結構お得。VIEWカード持ってる方はぜひ活用しましょう!思わす買ったゴーグルも結構割り引いてもらえました。

はすぼーは「今度またスキーに行く予定はあるの?」と聞いてきましたが、どうかな~。お得とはいえ4人で行けば結構かかるし、難しいかな~。後1回くらいは行きたい気もするけどな~。

2007.02.11 *Sun*

カードケースの組み立て

: 鞄教室 :
カードケース-表 カードケース-中
先週の続き、カードケースです。
宿題の芯用革の漉きと豆カンナの研ぎはなんとか済ませていくことが出来ました。
なので、次はその芯を本体に貼付ける所からです。この教室で使っているのりはいつもとちょっと違いました。まず、色が白い。そして,臭くない。先生に聞いた所、トルエンを含んでいないのりだそう。さらさらしていて、トルエンを含んでいない分接着力が弱いため、塗って乾かしてまた塗ってを何度か繰り返す必要があります。ちょっと面倒だけど、体には良さそう。クラフト社のものらしいです。今のが無くなったら買ってみようかな?

芯を貼ったらまたゴムのりを塗って裏革,ポケット等を貼っていきます。ここでも違いが。今までは出来上がりサイズに切ったものを貼り合わせていましたが、出来上がりサイズに切るのは表革だけで、他のパーツはみんな少し大きめに切っておき、貼り合わせてから実寸に切ります。この方がコバがきれいに揃います。

次は縫製です。ここでもまたまた違いが。表革だけに縫い穴を開けて裏革を後から貼り合わせた場合、これまではコルクの上で菱錐で穴を開けていました。でも,今回は、右手に針と菱錐を持ち穴を開けながら縫い進めていきます。菱錐と針を持ち替えるのがなかなか慣れず戸惑います。裏革の穴が均等に開いているかも心配です。
他にもレーシングポニーがちょっと違ったり、レーシングポニーに挟む時の左右(どっちに表革を向けるのか)が違ったりと違うことだらけ。糸の継ぎ方,終わり方も違います。

なんとなく、これが正解というのは無いのかな?という気がします。いろいろやってみて自分に合う方を取り入れていけたらいいかな~。でもいろいろなやり方を知っているのは悪くないと思うので、ここではここのやり方に従って、良い作品を作っていかなくちゃ!

来週はコバ磨きです。

2007.02.10 *Sat*

紙袋替わりのトート完成!

角形トート

時間のある時に少しずつ仕上げていたトートバッグが完成しました。
問屋めぐりで買った激安半端革を使ったものです。
2mmぐらいの厚さの革ですが、ヌメ革とは違って柔らかい感じです。
トコノール以外のコバ処理をしてみたくて、コバには塗料を縫ってみました。
原型は先日買った「手縫いで作る革のカバン」の中の角形トートです。本の中のは正方形ぽくって「LPが入るサイズです」とあったのですが、LPって、、、もう入れることは無いですよね。それよりは自転車のかごに入るサイズ重視で、幅を狭めた縦長のものにしました。
今の所一重なのですが、この革の床はあんまりきれいじゃないので、内袋を後付けで付けようかな?と考えています。早速、明日かばん教室にいく時に使ってみようっと。

ところで、もうすぐひな祭りですね。この時期になると必ず実家からひな飾り用のお菓子が送られてきます。
ひな菓子
今年も送られてきました~。
毎年恒例、ひなあられやマシュマロ、菱餅などに混じってキャラメルコーンのお雛様バージョンが!この子って女の子だったの?いや、女の子もいたの?
そして左手前にあるのは「金華糖」
金華糖
金沢では必ずこの金華糖を飾ります。金華糖とはお砂糖で出来た飾り菓子で、果物や野菜などの形をしています。
これが来ると毎年「食べた~い」と子どもたち。これをそのままかじるなんて習慣は私には無いので「え~っ」と毎年断ってきました。でも、今年はかごの中に食べられそうな小さなヤツが二つ。普段はお雛様を片付けると同時に砕いてコーヒー用の砂糖にしてしまうのですが、この小さいのなら食べさせてあげようかしら?

2007.02.10 *Sat*

ポケモンセンタートーキョーの2

20070210105653
無事、トロピウス、ゲット!
結構早かった。

2007.02.10 *Sat*

ポケモンセンタートーキョー

20070210103340
ポケモンセンタートーキョーに来てます。
ショコタンが育てたトロピウスとやらがもらえるというのでやってきました。
いつもながらスゴイ人。長蛇の列です。一時間位ですむといいな~。そんなに寒くないのが唯一の救い?
はすぼーはゆっくりゲーム。殿堂入りしたそう。

2007.02.08 *Thu*

課題制作2-4

なんとか昨日のよるに裁断を済ませたので、裁断ポイントをチェックしてもらっていよいよ縫製です。
裁断と言ってもすべてを裁断したわけではなくて、ゴムのりでくっつけてから裁断する予定の持ち手やモモは粗裁ちです。

まずは革の努子を漉くかを先生と相談。今回は口中と口表の端の4カ所です。持ち手も片方は漉くのかな~と思ったのですが、この厚さならミシンで縫えるかもしれないから試してみてから漉くか決めましょうということに。
ヌメ革を縫う
端切れを縫ってみました。これならいけるでしょうということで、持ち手は漉かないことに。
口表
口中と口表の脇を漉きました。

その後は内袋の縫製です。
まず内ポケットを縫って裏胴につけてからマチと縫い合わせます。
内袋
くしゃっとしてて自立しないので上手く写真が撮れないですね。一応内ポケットは2室で携帯用ポケット付きです。
タック
角っこはタックを取っています。

次回までにコバ磨きをしていかなくちゃいけません。

2007.02.05 *Mon*

インフルエンザ

ゆずが昨日の夜から熱を出しました。きっと土曜の寒い中テニスをしていたから風邪を引いたに違いありません。学校は休んで病院に行くように言い聞かせ会社へ行きました。
昼休みにメールしてみた所、「インフルエンザのA型だって。中学で流行ってるらしい。熱が下がって2日したら学校に行ってもいいって」という返事。
帰ってみるとお薬が効いたのかなんなのかもう熱は下がってパソコンをいじってました。明日熱が無くても学校を休まなくてはいけません。ちょっとうらやましい。私も会社休みたいな~。
でも、軽く済んで良かった。後ははすぼーや私にうつらないことを祈るのみ。
でも、気のせいかな?ちょっと喉が痛い。肩が痛いのは寝違いかな?うつったらど~しよ~。

2007.02.04 *Sun*

ブログ名変更のお知らせ

ブログ名、 Author名を変更してしまいました。
これまで、コメントしてくださった方、見てくださってる方、通りすがりの方、ブログ名、 Author名が変わっても、見捨てずにまた遊びにきてくださいね~。
もしも、お気に入りに登録してくださってるなんて言うお優しい方がいらしても、アドレスは変わってないのでご安心を。
ちなみに「けいと」は「毛糸」と同じアクセントです。けっして「kate」のような「欧米か!」みたいなアクセントではありません。

今後ともよろしくお願いします。

2007.02.04 *Sun*

鞄教室初日

: 鞄教室 :
今日は新しい鞄教室の初日でした。
大体ぴったりにつくだろうと時間を予定して出かけたのに、休日は平日とダイヤが違っていて、5分ほど遅れてしまいました。時間に遅れるのと~っても嫌いなので、初日から焦り気味です。

着いたらもう先に二人生徒さんが来ていて道具の研ぎをやっていました。
私も早速揃えた道具をひろげて見ていただきました。革包丁と菱錐、ネジねんはもう研いであるので、玉ねんを研ぐことになりました。

研ぐ前の玉ネンは凹の形。これを片方だけ無くした後少しくぼみが付くようヤスリで研ぎます。
研ぎ終わるとこうなります。
玉ねん斜め玉ねん正面
飛び出ている方を革の縁に沿わせてへこんでいる方で線を引きます。

その後丸錐の先端を少しヤスリがけしました。豆カンナも研いだ方がいいのですが、今日は使わないということでそれは家での宿題にし、早速最初のカリキュラムのカードケース作りをしました。

カードケース
お手本の型紙を参考に型紙を作ります。型紙の作り方はそれぞれの教室で違います。前の教室は三角定規を使って水平垂直を出し製図する様にケント紙に書きました。バッグスクールはチケン紙を十字に折って目打ちで印をつけながらサイズを出していきます。今回の教室はバッグスクールのやり方にちょっと近いけど十字ではなく一回だけ折って目打ちで印を付けながら切っていきます。どれが一番やりやすいかな?今の所バッグスクールのが一番やりやすい気がします。

型紙が出来たら革にあてて周囲に丸錐で線を引きます。ここも前の教室と違います。前の教室は銀ペンでした。
印を付けたら革包丁で切るのですが、ここも違う!前は直線も曲線もフリーハンドでしたが、今回は定規を使って直線を切りました。革包丁と定規、なんか変な感じですが、真っすぐは確かにきれいに切れます。

その後は表革に菱目を開け、ポケット用の革の口を磨きます。ヤスリで磨いた後、ふのり(トコノールじゃなくホントのふのり!)をつけ布で磨いた後何度かヤスリで磨きふのりで磨くを繰り返します。
その後、温めた玉ねんでコバを押さえれば口の処理の出来上がり。
コバ処理
こんな感じになりました。

次は芯用の革を切り出し一辺だけコバ漉きをします。ここは薄いので手漉きです。薄いから漉きすぎちゃいそうで怖くておそるおそるになってしまい、なかなか漉けませんでした。一枚だけ漉いて時間が終了。
もう一枚分は宿題になりました。

やっぱり教室が違うとやり方が違うことが多くて勉強になります。それにしても、休日ダイヤは問題です。思ったより通うのに時間がかかりそう。何かいい方法が無いか研究しなくちゃ!

2007.02.03 *Sat*

朝日

20070203070525
ゆずが練習試合に行くのでお弁当の用意があって早起きです。
起きた時はまだ太陽は顔を出していなかったけど、用意が終わったあたりで朝日が上ってきました。
きれいだったので、思わずモブログです。

2007.02.03 *Sat*

紙袋替わりのトート

先々週くらいからバッグスクールともかばん教室とも関係なく鞄を一つ作ってます。
先日買った野谷久仁子さんの本にあったものをサイズをちょっと変えたものです。
でも、菱目打ちの音が気になって思うように進んでいませんでした。

そこで、水曜に買ったレール床の登場です!
レール床
これがレール床です。
奥行きが、75、100、125、150とあったのですが、私は125を買いました。
100の方がコンパクトで見た目可愛かったのですが、重さ重視で125です。
でも、125で良かったです。菱目を開ける時はこの上にビニ板を置くのですが、そのビニ板の奥行きと大体同じだったので使いやすかったからです。

さて、使い心地は?
やっぱり使わない時に比べると格段に音の響きが無いです。でも、やっぱり下の階の方に悪いかもと思い下にクッションを敷いてみると更に響かない感じです。重さのおかげで穴も開けやすいみたいです。
角型トート
持ち手、底とマチの縫い合わせが出来ました。
今回はコバを黒の塗料で仕上げています。
これは、今バッグスクールにいく時に使っている紙袋の替わりにしたいのです。
早く仕上げて使いたいな~。

2007.02.01 *Thu*

課題制作2-3

家で大体の型紙を作っていて、後はタックの感じを見てもらって胴の型紙と、チケン紙が足りなくて作れなかった口中の型紙を作って型紙は完成のはずでした。
ところが、胴の確認をしている時にちょっとした間違いを発見。試し用の布を切って貼ってと修正していたら時間がかかってしまいました。おまけに口中の型紙もサイドの部分が考えていたのと形がちょっと違ったので修正です。ホントは生地の裁断まで行きたかったのに。型紙作りしか出来ませんでした。
課題制作2-型紙
少ないと思っていた型紙もこうしてみると結構あります。
来週までに家で裁断をして行かなくちゃ!

先生に今回使う予定のデニムと革を見せると、革の厚さの割にデニムが薄いかも。。。と言われました。
お店の中で出来るだけ厚いデニムにしたつもりだったのですが、ショック。でも、芯を貼れば大丈夫とのこと。スライサーという芯を使おうかな~と思います。

2007.02.01 *Thu*

一人問屋めぐり

: 鞄教室 :
新しい鞄教室に必要な道具を買うために、一人問屋めぐりをしました。
せっかくなので、バッグスクールで必要な布も買います。

まずは日暮里繊維街の安田商店へ。
デニム地
今作っているバッグ用のデニムを買いました。(左側)
右側のストライプのデニムも欲しくなって衝動買い。
スクールの作品展にでも使おうかな。
会員証
これは安田商店さんで布を買うともらえる会員証。
次回からこれを見せると割り引いてくれるそう。
今日早速持って行って出そうと持っていたら「もう引いてあるから」と言われました。
出すタイミングが難しい~。

次は入谷の岩田商店。
菱目、玉ネン、豆カンナ
9目の菱目打ちと玉ネン、豆カンナを買いました。
玉ネンには幅の狭い広いがあって、どれがいい?と聞かれてもわからないので、お店の方に「鞄を作るんですが。。。」と言って選んでもらいました。広すぎず狭すぎずのものを買いました。

そして次は浅草へ。
地位図を見ながら行ったのですが、大きく道を間違えて余計に歩いてしまいました。
まず、安井商店へ。
角ベラ、砥石
ここでは角ベラを買うつもりで行きました。
角ベラだけを買って、すぐ近くの砥石屋さんへ砥石を買いに行ったのですが、砥石屋さんはシャッターが降りていて隙間からのぞいて「すいませ~ん」と呼んでも返事が無いので諦めました。安井商店さんにも砥石があったように思ったので引き返し砥石を買いました。中砥と仕上砥を買いました。この仕上砥は普通の砥石の半分の幅しかありません。安井商店さんが革包丁を研ぐにはこの幅で充分ということで半分に切って売ってるそうです。その分お値段も半額と高い仕上砥を安く買うことが出来ました。

鞄教室用の道具はこれでいいのですが、実はもう一件行きたい所が。。。
そのため更に御徒町に向かいます。
行ったのは御徒町のシーフォースというお店。
ここで買いたいのはレール床です。
レール床というのはレールを切った様な形をした鉄のかたまりで、上面の平らな所で刃物を鍛えたりするそうです。私はこれの上で穴あけやカシメをしたくて買いました。打台は堅くて重い方が響かなくて穴も開きやすいと聞きました。ホントは樫や欅の丸太がいいらしいのですが、なかなか入手出来ないので、これでなんとかならないかな?と思ってます。実は先日かばん教室で平じゃない部分の穴開けにこのレール床を使いました。そうしたら、いつもより軽い力で菱目が開けられた様な気がしたんです。シーフォースさんはネット通販もやってますが、サイズがいろいろあるようなので実際に見て買いたいな~と思って今日行きました。
で、残念ながら写真はありません。だって、と~っても重いのですよ。いっぱい歩いて重い砥石を持った私はこれ以上荷物は持てません。なので配送にしてもらいました。届いたら使ってみて感想を報告しま~す。

ブタめん
いつもより早く帰るとお腹をすかせたはすぼーがブタめんを食べる所でした。
ブタめんのふたはこうやってフォークを刺して閉めて待つんだそうです。
へぇ~。


プロフィール

けいと

Author:けいと
手縫をメインに良質な革を使い
かばんや小物を作っています。



カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



gallery



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言



本棚



天気予報



作品に関するお問い合わせはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



********



Copyright © けいとノート All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: chaton noir  ・・・  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。