This Archive : 2007年12月

--.--.-- *--*

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.12.29 *Sat*

年賀状作り&大掃除

昨日で会社も終わり、冬休みに突入です。
年末という事で会社が早く終わったので、やっと年賀状の印刷が終了しました。
基本の絵柄は同じだけど、住所表記にメールがあったりなかったり、子どもの写真があったりなかったりで人によって5パターンほどにわけて印刷です。
どれが行くかはお楽しみ。あと、一言づつコメントを手書きすれば完成です。
年賀状

その前に今日は台所の大掃除。
去年急遽帰省して出来なかった分まで頑張らないといけません。
午後みっちり頑張ります!

スポンサーサイト

2007.12.27 *Thu*

手帳カバー完成

手帳カバーが完成しました。

表です。
これは以前作ったまん丸バッグの余り革で作りました。
なので、大きな1枚革が取れず、表は2枚はぎ仕様となりました、
手帳カバー表

裏です。
手帳カバー裏

中です。
やはり、大きな革が取れなかった理由から、中だけヌメ革を薄く漉いたものを使用しました。
手帳カバー中

今回もコバ磨き頑張りましたが、まだ満足いくものにはなっていません。
修行あるのみ。
手帳カバーコバアップ

途中でベルトの付け方を変更したためと、2枚はぎのため、ベルト通しが付けられなかったので、ホック仕様にしました。
ボタンアップ

ベルトを挟み込もうタイプにするはずの所を、縫い付けるタイプに変更です。
挟み込む方だとその部分のコバ磨きがやりにくいのと、見た目が悪くなりそうだったので。
同じ理由で、ペン差しの付け方も挟み込みはやめました。
裏アップ

中の左にはカード入れが2段。
ポケット左

右にはカード差しが1つ。
ポケット右

上手く出来たように見えますが、まだまだ不満がいっぱい。段差を縫う時に目が乱れてしまってます。それと、この手帳用にタブ付きのスケジュールリフィルを買ったのですが、タブの分を考えていなかったので、それをいれるとちょっとはみ出してします。市販のを使っている人もそうなっていたけど、ハンドメイドなんだから、その辺を考慮しなくちゃ行けないのに、反省です。
でも、初めてこのタイプの手帳カバーを作ってみて、いろいろ分かったので、次作る時はもっと上手に作れるかな?


田舎から届きものです。
お正月用のお菓子やら何やらがいっぱい。
福梅っていうのは金沢の伝統的なお正月お菓子です。
お正月、どこの家に行ってもこの福梅(表面に砂糖がまぶしてある紅白の最中)があるので、正直子どもの時は飽き飽きしてました。
?お芋と栗の甘露煮があるってことは、きんとんを作りなさいってことですか?
実家から

2007.12.26 *Wed*

クリスマスプレゼントのその後

昨日の朝、「クリスマスプレゼントは?」と言われて初めてプレゼントに気付いたはすぼー。大きさがちょっとソフトに似ていたのか、包みをちょっと開けて中が本と分かるとソファに置いたまま見向きもしませんでした。ゆずは「欲しかったものと違うから開けてない」とこちらもがっかりしているよう。「クリスマスは欲しいおもちゃがもらえる日じゃないんだよ」と言ったのですが、分かってもらえるかな~?

そんな二人にはぜひ、はすぼーにあげた「サンタクロースに会いました」を読んでもらいたい。
会社から帰り「読んだ?」と聞いてみると「少しだけ」
「読んだら感想聞かせてね」と言って読む事を進めると、夕飯後読んでいました。
そして読んだ後「サンタはいるの?」と問いかけると「いない」という答え。う~ん、小3にはこの物語の奥深さはわからないのかな~。「いないの?!もう一回よ~く読んでみて」と言ったのですが、果たしてもう一回読んで、サンタクロースはいると気付けるかどうか、疑問です。
ゆずにも読ませてみたいが、中3でも無理かな~。

これがその絵本。「サンタクロースに会いました」で検索してみたら書評が見つかります。そこに『人はサンタクロースの真実に気付いた瞬間から大人への道を歩み始めるのだろう。それは多くの場合、大切な“何か”を失うことでもある。』とありました。この本を読めば、大切な”何か”を失う代わりに、もっと大切な”何か”に気付けると思います。
サンタクロースに会いました


手帳カバーは完成?
いえいえ、まだまだ道のりは遠い。
年賀状?って何ですか?(冬休みに入ったら頑張りますので到着遅れます)
手帳カバー縫い終わり


2007.12.25 *Tue*

クリスマスプレゼント

クリスマスの何日か前、12時過ぎても起きている悪い子だったので「悪い子にはサンタは来ません!」となったので今年はクリスマスプレゼントは無し、と思っていたのですが、(どうせサンタ信じてないし。。。)それもかわいそうかな?と考え直し、本をプレゼントする事にしました。ほんとの希望はWii Fitやゲームソフトなので喜ばないかもしれないけど。
ゆずには欲しがっていたガリレオの原作本2冊。はすぼーはあまり本を欲しいとかは言わないので「サンタクロースに会いました」という絵本をあげる事にしました。
クリスマスの日にお姉さんから「サンタクロースはいないんだよ」という衝撃の事実を知った子が、おばあさんに本当の事を聞きに行くというお話です。結末は書く事は出来ませんが、このお話を読んで、はすぼーはサンタクロースはいると思うかいないと思うのか。ちょっとドキドキです。

自分にはコブクロのCD2枚買っちゃいました。
シングルベストと出たばっかりのニューアルバムです。
コブクロ
先日同じ日に2回続けてコブクロの「蕾」を聞いて、胸がきゅんとなりました。
自分は子どもたちにこんな風に思われるようなステキな笑顔のお母さんだろうか?自分が死んだら、こんな風に懐かしく思い出してくれるんだろうか?なんて事を考えてしまいました。


手帳カバーはもう少しで出来そう。年賀状は?。。。。。
手帳カバーもうすぐ


2007.12.24 *Mon*

Merry X'mas

今日はクリスマスイブ、明日はクリスマスですね。
わが家はそんなにすごいイベントは無く、普通にケーキと鶏肉を食べてポケモンシャンメリーを飲むぐらいかな。

毎年がんばってサンタを信じさせていましたが、どうやらそれも無駄に終わったようです。ゆずはさすがにもう中3ですから親がプレゼントを置いているという事は分かっているし、はすぼーも「サンタなんていないんでしょ?ママなんでしょ?」とい言い出しました。
そうなってみて考えるのは、子どもにサンタを信じさせようとした事は良かったのかどうなのか?
サンタを信じさせるために、子どもの欲しがるプレゼントを毎年あげているために、子どもは「クリスマスには好きなものがもらえる」という風にわがままな考え方を持つようになってしまうのではないか?ゆずには時々希望と違うプレゼントをあげたため、「サンタは嫌い、好きなものをくれないから」とか言いだす始末。
サンタの正体が親だと分かった時に親としては「今までサンタの代わりにプレゼントくれていてありがとう」と思うような子だったらと期待しているのかもしれないけど、実際の子どもは「なんだよウソじゃないかよ~」と思うのじゃないのだろうか?だとしたら、何年も頑張って来た事は無駄だったんじゃないか?だとしたら最初からそんな事はしないで、プレゼントは親からとして手渡せば良いんじゃなかったのか?など、悶々と考えてしまいました。この答えは子どもが大人になった時に出るのかな?ちょっと今年のクリスマスは切ないです。


手帳カバー製作中
年賀状を作らなくちゃいけないのに、逃げてます。
手帳カバー作成中です。

2007.12.20 *Thu*

手帳カバーのコバ漉き

月曜にウィルス性の胃腸炎で腹痛、嘔吐、発熱に倒れました。
火曜にはなんとか復活したものの、おかゆしか食べれなかったため、何もする気力が起きませんでした。今日はなんとかお昼におにぎりを食べる事が出来ました。それでも、いつもは2個の所1個しか食べれない感じです。バッグスクールもお休みしたい感じでしたが、今年最後の授業だし、どうしてもやっておきたい事があったので頑張って行ってきました。

手帳カバー2つを冬休み中に仕上げるためにコバ漉きをどうしても今日学校でやっておきたかったのです。それぞれのパーツを切り出した後、ベタ漉きに斜め漉きと一応必要な箇所は漉く事が出来ました。
ほんとはさくっと終わらせて早めに帰って来る予定だったのですが、学校に行く前の買い物に時間がかかり、行くのが遅くなったのと、今日は別の期の人の革の勉強会があって、漉き機を使っていたので、合間を縫っての漉き作業となり、遅くなってしまいました。

はすぼー用手帳カバー
これははすぼー用。

自分用手帳カバー
こっちは自分用。

学校に行く前に買ったものは、年賀状用の宛名送ソフトをビックカメラで。

そして、小カシメ用の打棒とバネホック用の打棒をハンズで購入です。
バネホック用打ち具

学校でカシメやファスナーなどの材料も買ったので、冬休み中に出来上がるよう頑張らねば。
その前に体調が復活しないとですね。

2007.12.16 *Sun*

ブリーフケースの前胴とマチを縫う

: 鞄教室 :
先週ゴムのりを塗り残した部分を接着し、裏革の余分を切り落としました。
その後かぶせの余っている革を切り落とせばとりあえずかぶせ&背胴は終了です。
かぶせ

いよいよ前胴とマチの縫い合わせに入ります。それぞれ接着面を荒らしてからゴムのりを付けて接着します。前胴とマチの付け方は前回のセカンドバッグと同じです。でも、メモを見るとそこはメモってなくて、間違わないように先生にもう一度手順を聞いてから貼り合わせました。
いざ縫い始めようと思ったら、革が硬いからか菱ギリが研げていないからじゃ、菱ギリが通りにくくて仕方がありません。これでは進まないし、仕上がりも遅くなるので、砥石をお借りして研ぎ直しました。

菱ギリの方は少しはましになったけど、前胴の高さとウマの懐があわなくて、いい具合に前胴が収まらなくて縫いにくい。
時間中にはここまでしか縫えませんでした。
前胴
途中何度かウマにはめ直して体勢が変わったので、裏の目が少し乱れてしまいました。
でも、初めてこの縫い方で縫った時よりはましになったかな?
マチ側

今日で今年の教室はおしまい。なんとか1月中に仕上げたいので、続きが縫えるよう糸を持ち帰って来ました。冬休み中にでも縫おうかなと思っていたのですが、今日の午後は珍しく予定がなくのんびりだったので、縫っちゃえ!と言うことで縫い上げました。
前胴縫い終わり

太陽が差し込む暖かい部屋でのんびり手縫いをするっていいい感じでした。
今の鞄教室、以前はビルの4階で窓からの日差しが暖かく、生徒も1クラス4~6人程度でこじんまりとしていていい感じだったのですが、地下に移って人数も10人くらいまで増えてしまってからは以前のような暖かさが感じられません。先生は遠くて質問しずらいし、窓もなく太陽の光が入らないので、この季節は冷えきっていて糸に蝋も塗りにくい。4階までの階段はキツかったけど、前くらいの教室が良かったな~と思ってしまいます。

2007.12.15 *Sat*

ペンケース完成

ペンケースが完成しました。
ペンケース
糸は薄茶色の麻糸にしてみました。上品な感じに仕上がったかな?と思います。
立体になってからのファスナー部分がちょっと縫いにくかったです。

コバは先日作ったふのりで磨きました。染色はしていません。
お尻側
豚革は漉かずにそのまま貼ってあるので、コバに豚革のラインが出ています。
これはこれでアクセントになって綺麗かな?
頭側

今日は午前中、ゆずと一緒に都立高校の個別相談会に行って来ました。
最初行くつもりはなかったのですが、一緒に行く友達はお父さんが一緒に行くって言うし、別の都立に行った子が親と一緒じゃないとダメって言われたらしいとか聞いたので、はすぼーの歯医者をキャンセルして行って来ました。

学校は綺麗で設備も整っているようでした。相談会ではいろいろ聞いたのですが、核心は教えてもらえないので不完全燃焼って言う感じです。
おかしかったのは、待ってる間に見た高校のPRビデオに映ってる子たちは指輪してたり黒いマニキュアしてたり、髪が茶色かったりしたので「服装は自由ですか?」と聞いた所「髪の脱色や華美な装飾品は禁止です」という返事が返って来た事。「でも、ビデオの中の子は。。。」と聞くと「原則は禁止で違反する子には前向きに指導してます」という答えでした。そんなに真剣には取り締まってないって言う事なのかな~?
ところで、ここの高校に行っても、美大に行こうと思ったら、3年生くらいからは美術系の予備校に行かなくちゃ行けないみたいです。なんか、それらな普通科に行きながら予備校に行っても同じなんじゃ~と思うのですが、もうゆずの心は固まっているようなので、これ以上は言ってもしょうがないのかな?というあきらめムードです。
校舎の中も見せてもらって、生徒の作品も見させてもらったのですが、ついつい仕事の目線で見てしまい、先生に変な質問ばっかりしてしまいました。変な親って思ったかな。反省。

個別相談が終わったら、電子レンジ1時に来るという事なので、お弁当を買って大急ぎで帰りました。
おなか空いた~、お弁当を食べよう!と思ったら電子レンジが到着。とりあえず段ボールを開けるのはお弁当を食べてからと思ったのに、ゆずが食べたいと言って買ったお汁粉が電子レンジで作るタイプだったので、大急ぎで段ボールから出して設置しました。新しい電子レンジにみんな興奮です。扉の開け方が違うし、W数を指定出来る!このダイヤルを回すと出て来る数字は何?ターンテーブルがない~。
壊れた電子レンジは1992年製でした。ゆずが「同い年だ~」と叫んでました。でも電子レンジは1−6とあったのでゆずより先に生まれてますね。15年ももったんだな~とビックリです。15年も経てばいろいろ進化してるんだろうね~。これからゆっくり機能を試してみます。


2007.12.14 *Fri*

NOVA KIDS再開

NOVAチラシ
NOVAからNOVA KIDS再開のチラシが届きました。
休校する時は何のお知らせもなかったのに。
はすぼーに見せると「行くよ」という返事。あれ?前は再開しても行かないって言っていたのに。気分が変わったの?と聞くと「そうだっけ?」
まあ、NOVAのほうが入会金も教材費も新たに発生しないので懐的には良いのだけど、教室の場所は変わっちゃうのかな?今度聞きにいってみます。


ペンケースファスナー取り付け
ペンケースの続きをやってます。
コバをふのりで磨き直しまし、玉ねんも引きました。
ファスナーが付きました。

ふのり
電子レンジが無いのでお鍋でにてふのりを作ってみたら
いっぱい出来てしまいました。
電子レンジより綺麗に出来た気がします。
でも、こんなには使い切れない。
防腐剤を検討してみようかな~。

2007.12.13 *Thu*

課題制作5-裁断

革の裁断&漉きをして来ました。

表革はこれだけのパーツ。これにベルトのサル革が足され、一番下のポケット用ベルトのパーツが2つに分かれ、全部で20パーツになります。
表革

裏は少なめで7パーツ。
裏革

裁断した後必要な部分に漉きをしました。漉きは家では出来ないので学校でしなくては行けないので、進みが遅くなります。サンタにお願い出来るなら、「漉き機を下さい!」ってお願いします。置くとこもないのですが、欲しいです、漉き機。

この他に、手帳用の革も持っていっていたのですが、時間が中途半端に残ったのと、ちょっと昨日いろいろあって体調が万全ではなかったので、これだけして帰って来ました。
来週は今年最後の学校です。ポケットのマグネットホック付けまで済ませておければ、後は冬休み中に出来そうなのですが、そんなに上手くは行かないだろうな~。まず、手帳を進めないと。

2007.12.12 *Wed*

なくしたり、壊れたり

先日全国の遺失物がネットで検索出来るようになりましたね。
ディズニーシーに行った時に耳当てを落とした身としては、これはやってみるしかない!とやってましたが、結果は該当品なし。。。
東京都でも千葉県でも探したけどダメでした。誰も届けてないって事ね。

教訓、なくした物は帰って来ない。

話は変わりますが、日曜にオーブンレンジが壊れました!
お昼にはちゃんと動いていました。おやつには「世界一受けたい授業」で見た方法で焼き芋もちゃんと作れました。
焼き芋
田舎から送られて来た五郎島金時。と~っても甘くて美味しい。
裏技使うと更にしっとりほくほくで美味しかった!

なのに、夜チーズフォンデュを作ろうとしたら、何分温めてもチーズが熱くなりません。ていうか、冷たいまま。次の日お魚を焼こうとしてもやっぱりダメでした。

電子レンジが使えないってすっごく不便。知らない間にこんなにお世話になっていたんだと実感です。牛乳を温めたり、残ったご飯を温め直したり、毎日の事なのでほんと不便です。せっかくの節約お昼作戦も出来ません。
予定外の出費で懐が痛いですが、今日会社帰りに近所の電気屋に行って来ました。
ネットで調べて買おうと思っていたのは日立製のトースト機能も付いたヤツだったのですが、丸皿しか付いてなくて、お魚もクッキーもなんでもこの丸皿でするというのが納得いかず断念。歳末セールで安かったのに残念。トースト機能が付いているのってあんまりなくて、いいものが無い。どれもちょっと型古に見えてしまう。どうせ買うなら今のより少しは新しいのを買ったという気がしたいし、と言う欲も出て来て悩んだあげく、トースト機能は諦めてナショナルの辻調メニューが付いている、フラット庫内でお手入れ簡単!というのを買いました。買ったけど、実は在庫が無くてお取り寄せ。来るのは土曜です。でもその分、セール価格よりさらに3000円引いてもらえてのでちょっとは良かったかな?
それにしても、オーブンレンジは安くなったんですね~。結構豪華機能満載なのに、2万円台前半で買えました。今流行のヘルシオとかは高いですが、うちのレンジスペースには入らないので、今回ので充分です。早く来ないかな~。

2007.12.09 *Sun*

ブリーフケースのかぶせ裏を仕上げる

: 鞄教室 :
先週仕上げたかぶせ裏を背胴裏のアメ豚と接着し縫い合わせます。
アメ豚は前胴のときと同じように少し小さくしてからサイド、底辺の3辺を漉いてあります。
その後裏にのりを付け背胴と背着です。縫い目、金具周辺からかぶせの芯のあたりまでが浮かせ貼りでした。直線の部分はそのまま、カーブの所は曲げながら貼り合わせます。
これ、結構苦手な部分です。一人だと難しそう。先生と二人掛かりで貼り合わせました。
かぶせ裏

表にするとこんな感じ。後ははみ出した部分を裁断して縫い合わせです。
ただ、のりの貼り残しがちょっとあったり、寸法より小さくしたはずなのに裏のアメ豚がちょっと大きかったりしたので、その辺を来週直してから縫いに入ります。
かぶせ表

教室で道具が少し購入出来るようになりました。大体はもっているけど、これは持っていませんでした。「打ち木」です。
打ち木
教室ではこの「打ち木」を使って目打ちを打ったり、この上でコバのヤスリがけをしたりします。アルコールランプで玉ネンをあたためる時にも台として使います。
何の木か聞くのを忘れてしまいましたが、とっても堅い木のようです。
私は目打ちはプラスチックハンマーで打つので、これはどちらかと言うとヤスリがけ用に使いたいと思います。

2007.12.06 *Thu*

イラストレーター

昨日、会社の仕事で半蔵門に行った帰り、これも仕事で青山ブックセンターに行きました。青山ブックセンターはデザイン系の書籍がたくさんあると以前から知っていはいたものの、アクセスが悪くてなかなか足を運べずにいたので、初ABCです。行った感想は、八重洲ブックセンターや紀伊国屋とそんなに書籍数としては変わらないかな?という感じ。以前の事はよく知らないのですが、一度潰れてまたやり直したはずなので、その時に販売書籍を見直したのかな?普通の本屋で、奥にデザインのコーナーがあるという印象でした。でも一つ良かったのは、ここはコミックの立ち読みが出来るという事。フィルムが巻いてないんです。近くにあれば通いたいです。
ここで仕事の本を1冊と、ゆずに2冊雑誌を購入。
購入したのは「イラストノート」という本と「illustration」という本。どちらもイラストレーターを目指す人用の雑誌です。

実はゆずがイラストレーターになりたいらしいのです。高校もそう言う関係に行きたいと言っています。学力的に問題が無いので行っても良いような気がするのですが、親的には普通科の高校に行って、大学への進路を決める時にその道に進みたかったらそう言う大学に行く、というのでも良いような気がしています。なぜって、本当にイラストレーターになりたいという強い意志があるのかがよくわからないから。何となく絵を描く事が好きだから、絵を描いて暮らしていけたらいいな~、なんて感じで志望しているのならそれは甘い考えだとも思うから。同じような世界で仕事している身としては、ここはあえて厳しく行きたいのです。そこで、この2冊を買って来ました。

イラストノート
「イラストノート」は去年創刊されたイラストの雑誌。季刊紙なのかな?去年の12月に創刊でまだVol.4までしか出ていません。その創刊号を買いました。創刊号という事で50人のイラストレーターの仕事についてインタビュー形式で書かれています。ちょっと読んだだけですが、やはり皆さんすんなりとイラストレーターになれたわけではなくて、いろんな道をくねくねと辿りながら、それでも絵を描きたいという気持ちを持ち続けてやっとなれた、というような事をでした。学校を出たからと言ってすぐイラストレーターになれるわけじゃないんだよ、なるまでにはいろんな経験や努力が必要なんだよという事をわかった上でその道に進みたいなら応援するのですが、ゆずはこの雑誌を読んでその辺わかってくれるかな?

illustration
「illustration」は老舗のイラスト専門誌。私が学生の頃からあるからもうかなりの歴史。昔の印象はいろんなイラストが掲載されているだけの雑誌という感じでしたが、今は結構読み物もあったり、フォトショップのチップスも載ってたりとかなり内容が変わったようです。こちらにもいろんなイラストレーターの仕事や学校情報、チョイス展の情報なんかが載っています。こっちは最新刊を買いました。

私は美大でデザインの勉強をしたけど、イラストレーターになる気はさらさらなかったのでほんとの所はよくわからないのだけど、グラフィックデザインも含めてこの世界そんなに甘い物じゃないです。出来れば子どもには同じ苦労はして欲しくないのですが、血でしょうか、遺伝でしょうか。。。
まだ中学生、それとももうすぐ高校生?自分の事はよく考えているのかいないのか。自分の進む道は自分で決めた方がどんな結果になっても後悔はないと思うのですが、まだ決めなくても良いんじゃないの?という気もします。この雑誌を読んで、もう少し真剣にイラストレーターになるという事を考えてもらいたいと思っています。(ゆずに言うと、真剣に考えてるよ!って言われそう。。。)

2007.12.06 *Thu*

手縫いの勉強会-ペンケース

今日は久しぶりの勉強会でした。
今日の勉強会は手縫いで作るペンケース。
前回の手縫いの勉強会の時は「けいとさんは参加しないで~」なんて言われていましたが、今回はペンケースという事で、小物好きの私としては、参加したくて参加しちゃいました~。

型紙は三枚です。2時間しか無いので型紙は先生が作った物を写して作成して、スピードアップです。
型紙

表革はタンニンなめしのオイルレザーです。
芯や裏革を貼った後先に磨くコバの部分だけ磨いて目打ちで穴を開けた状態です。
表革
裏は豪華にアメ豚仕様です。
裏革

2時間ではやっぱりここまでが限界。後の工程はそれぞれやりたい時に進めるという事で終了です。時間がない中焦ってやったので、コバ磨きに満足いっていません。家でやり直したい気分です。玉ネンもひいていこうかな~。やるからにはきっちり作りたい性分なので、たぶん、磨き直して染色もしたいかな?なんだかまたまたやりかけが増えてしまいました。冬休みにいっぱい作業したいと思っているのですが、去年しなかった大掃除もしなくちゃいけなしな~。その前に年賀状を描かなければ!やっぱり師走は忙しいです。

2007.12.04 *Tue*

買い物

病院に行く予定があって会社を休んだので、ここぞとばかりに買い物に行きました。

まずは、蔵前に行って金具の調達です。
いつもと行き方を変えて都営浅草線で蔵前で降りたので、地下鉄の出口を出てからどっちへ行っていいのかさっぱりわかりません。
あっちへうろうろ、こっちへうろうろ、やっと見覚えありそうな店の看板を見つけ、いつもの通りを発見する事が出来ました~。
ここで欲しかったのは、今作っているウェストバッグ用の美錠です。横谷商店にいけばあるだろうと、角田商店や三洋商会を横目に行ったのですが、気に入った美錠が横谷商店にはなく、結局角田商店で購入しました。
ついでにがま口の口金型紙付きも購入です。
角田商店で買ったもの

これはKファスナーさんで買った両開きタイプのファスナーとスライダーです。学校にはこのタイプのファスナーが売っていないので、使う予定は今の所無いのですが、なんだか買ってみてしまいました。
ファスナー

そのあと浅草に移動して革を購入です。
これは、ゆずからのリクエスト、黒い革のショルダー用の革です。
最初にいいな~と思った革はカンガルーの革でサイズが小さめでした。これだとショルダーの紐が取れないということで、いろいろ迷ったあげくこの革を購入しました。もみが入っているので取り扱いに神経を使わなくても良さそうな革です。
黒い革はいっぱいあっても、「これだ!」という革はなかなか無い物で困りました。黒と言ってもいろいろで、固さや薄さが良いかな?と思ってもちょっと青っぽくて色が気に入らなかったりして、すごく迷いました。
黒い革

今日の買い物で買ったのは以上ですが、先日ネットで買った物も紹介します。

これはがま口の口金に芯を入れる時の道具です。がま口の口金が在庫として2個あるので、この道具も買った事だし、なんとか形にしたい物です。
口金入れペンチ式

そしてこれがアメ豚。一頭丸々の革なので結構大きいです。
アメ豚

お昼ご飯もとらず歩き回って帰宅するとなんだか頭が痛いです。熱っぽい気もします。熱を計ってみると36.8度。平熱低い方なのでこれは私の中では高い方なんです。なんで熱が上がってしまったのかな?風邪かな?原因は不明ですが、風邪だとしたら子どもに移さないようにしないと~。受験生ですからね~。でも、今のうちにひいた方が試験の時にひくより良いかな?
今日はこれからまたまた三者面談です。もう出かけたくないな~。。。

2007.12.02 *Sun*

オクタンの気合いはちまき

オクタンのシールとはちまき
以前もらったゴルゴ所長のオクタンをレベル65まで育ててポケモンセンターに持って行くと、オクタンのシールと気合いはちまきがもらえるそうです。9日までだという事で今日もらって来ました。

ちょうど今日からブーバーンとやらも配信中という事でそちらもゲットして来ました。

今はクリスマスシーズンという事で、買い物をしたらもらえる袋も限定品という事です。
買い物するつもりは無かったのですが、定規がいる!と言うことで定規を買ってこんな大きな袋に入れてもらいました。
限定ショッパー
「限定品だから」と折り目がつかないように大事に持って帰って来ていました。写真には写っていませんが、はすぼーの頭にはしっかりはちまきが巻かれています。その姿で家まで帰って来ました。親としてはちょっと恥ずかしい。

2007.12.02 *Sun*

ブリーフケース前胴の仕上げ&かぶせの裏を作る

: 鞄教室 :
金曜日になんとか持ち帰っていた口中と豚革の縫いを完成させる事が出来たので、前胴と貼り合わせました。縫い目に当たる所から金具の裏革部分にかけてはのりを付けずに浮かせ貼りです。
表胴の裏
縫いが終われば余分な革を切り落としてコバを仕上げます。
今回は割と綺麗に磨けたかな?豆カンナでキチンと角も落としたのが良かったようです。豆カンナをかけるのは、結構好きな作業です。父の血かな?(父は大工だったので)
前胴のコバ
でも、磨き道具一式を忘れてしまい、耐水ペーパーと布を新しくいただいてしまいました。今日は定規も忘れたし、先々週は糊べらを忘れたりと最近忘れ物が多 いので、気をつけないと。家で作業したり、バックスクールに持って行ったりでしまい場所がコロコロ変わるのが忘れる原因だと思うので、なんとかいい方法が 無いか思案中です。

前胴はとりあえず完成で、次は背胴のかぶせ部分の裏を作っていきます。
用意されている革の下側だけ型紙より小さく切って目打ちで穴を開け、コバを磨きます。
そのあと両側の幅が小さくなった所を先端0に漉くのですが、漉きまではいけませんでした。
かぶせの裏
コバのアップはこんな感じです。
かぶせの裏のコバ
今年の鞄教室も後2回です。来週背胴の裏を仕上げて背胴に貼って、そうすればいよいよ立体になりそう。今年中は難しそうです。

プロフィール

けいと

Author:けいと
手縫をメインに良質な革を使い
かばんや小物を作っています。



カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



gallery



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言



本棚



天気予報



作品に関するお問い合わせはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



********



Copyright © けいとノート All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: chaton noir  ・・・  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。