--.--.-- *--*

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.09.29 *Fri*

アガサ・クリスティーの「奥さまは名探偵」

奥様は名探偵

アガサ・クリスティーの「奥さまは名探偵」を観て来ました。
「王様のブランチ」で紹介されていたのを見て「これは行くしかない!」と思ったのです。
だって、私はクリスティーファンなんですもん。
ただ、クリスティーの中でもポアロとマープルのシリーズが好きで、読んだ本もその二人の事件中心。今回のプリュダンス&ベリゼール(原作ではトミー&タペス)のお話は読んだことがないんです。でもでも、クリスティーですもんね、観ないわけには行きません。
どこで上映しているんだろうとネットで調べると、東京ではシネスイッチ銀座のみで上映しているらしいです。単館上映か~。最近はロードショーものばかりでシネコンで観てたのでいつもとは勝手が違うぞ~、いつ終わっちゃうかわかんないぞ~、ということで、思い立ったが吉日、今日行って来ました。しかも金曜はレディースデイらしく900円!夕ご飯をゆずに託して行かせていただきました。

しか~し、上映は6:45から。会社が終わるのが5:45で、駅まで15分から20分。電車で20分はかかるし、有楽町駅からも10分くらいかかるらしい。シネスイッチのHPによると金曜の夜はやや込みで、15~20分前までにはお越し下さいと書いてある。これは、1分だって無駄に出来ないぞ~ということで、ソッコーで会社を退社させていただきました。

ぜいぜいいいながらもなんとか6:30ちょっと前にシネスイッチに到着!でも、やっぱりちょい混みで前から6番目くらいでした。ちょっと見上げる感じで首が少し痛いかな?という席です。ご飯食べてる暇もないので、ロビーで買ったコーヒーちびちび飲みながら空腹をごまかして鑑賞しました。

原作はイギリスが舞台らしいのですが、今回はフランスを舞台にちょっとアレンジしてあるそうです。くすっと笑えるところやちょっとしたお色気シーンなんかもあって、大人向けね~と言う感じでしょうか。お話のほうは、事件が起きていないのに「なんだかおかしい『親指がうずく』わ」と言うことで調べていくうちに様々な事件が絡んで来てと複雑きわまりない感じです。ただでさえ、登場人物の顔と設定が飲み込めないのにいろんな事件が錯綜するから、頭の中は3がいっぱいになりました。怪しい人物は山のようだし、キーワードもいっぱいで、見終わったとも「え~っ、あの人はどんな関係にあったの~」と疑問が残り、これは原作本買って読むしかない!ですね。

それにしても、主人公の奥さま、優雅な暮らしがうらやましいです。フランスの田舎の湖のほとりに建つお城の様な家で芸術品の家具に囲まれて優雅に暮らし、着ている服はイタリアの有名な服、そして持ってる鞄はエルメス!ため息出ます。。。あっ、私の大好きなシトロエンも出て来ますよ。
あと、不思議に思ったのは、映画の中でフランス人の紳士たちがみんな自分でYシャツにアイロンがけしてること。フランスではそれが当たり前なのかな?いいな~、フランス。行ってみたいぞ~、フランス~。499


スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

けいと

Author:けいと
手縫をメインに良質な革を使い
かばんや小物を作っています。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



gallery



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言



本棚



天気予報



作品に関するお問い合わせはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



********



Copyright © けいとノート All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: chaton noir  ・・・  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。