--.--.-- *--*

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.12.18 *Mon*

ヌメ革の手帳-1

今年ももう終わりですね。この時期になるの気になるのが来年のスケジュール帳を買わなくっちゃ!ということ。
ここ数年は、バインデックスのA5のシステム手帳だったのですが、ちょっと飽きて来たので、来年はちょっと変えてみようかな~ということで、買っちゃいました「ほぼ日手帳2007」
ほぼ日手帳-表 ほぼ日手帳-中左 ほぼ日手帳-中右
数週間前にLOFTで見たときに買おうかどうしようか迷ったあげく買わなかったのですが、結局ネットで注文して買いました。買ったのは黄色のナイロン製カバーの物です。
「ほぼ日手帳」には革製カバーもあるのですが、ここは一発作るしかない!ということで、今回は手帳カバーを作ることにしました。

イメージ図
ナイロン製カバーを参考にポケットの数や形を変えたり、ペン差しを一つにしてベルトで止めるタイプにしたりと細部を変更しています。

型紙
寸法図をもとに型紙作成。
ポケット一杯にしたので型紙もいっぱいです。

裁断完了
型紙に合わせて革を裁断。
今回の革はナチュラルカラー(?)のヌメ革です。
夏の問屋めぐりで買った物です。
買ったお店の方の話では、ヴィトンの持ち手の修理にも使われる革だと言っていました。
鞄教室の先生にも「高そうな革ですね」と言われました。
重なりが一番多い所で5枚になるので、内ポケット類はまず軽くベタ漉きします。それでも厚い場合はさらにコバ漉きする予定です。ベルトやしおり用の持ち手も軽くベタ漉きです。
中側の床隠しの革は一番薄くベタ漉きです。
本体や外ポケットはコバ漉きで。ベルトやベルト通し、ペン差しなどもコバ漉きをしておきました。

ここまでで終了なのですが、ペン差しを丸めてペンを通してみると、通りにくい。。。
型紙で確認した時は大丈夫だったのですが、革の厚みのせいで通りにくいようです。

今年中に仕上げて新年から使いたい所ですが、今年は後1回、年明けも2回教室がお休みということで新年早々というのは無理かな~?
出来ればお休み中に家で少しでも進められるといいのですが。
スポンサーサイト

COMMENT

kangaさん、こんにちは。
ヌメ革の手帳カバー、いいですね~。
パーツがたくさんで立派なものができそうですね。私は3パーツぐらいで簡単に作ろうとしてたんですが、刺激されました。kangaさんの真似して、私もペンさしぐらいはつけようかしら。
姉がほぼ日手帳派なんですが、去年一緒に手帳カバーを作ったんです。私が裁断して、姉は縫うだけって感じだったんですが、姉はすごく満足して帰りました。ヌメ革で作ったので、色の変化を楽しんでいるようです。
ではでは、完成の記事楽しみにしてまーす。
2006/12/18(月) 11:05:15 | URL | isoyann #- [Edit
isoyannさん、こんばんは。
ふふっ、ヌメ革好きなんです。いいですか~?ありがとうございます~。
結構厚くなりそうなので、見た目立派かもしれませんね。
お姉さん、ほぼ日手帳派なんですね。(私も姉がいます。同じですね♪)お姉さんの手帳カバーどんな色に変わったんでしょう?気になります。
isoyannさんの、手帳カバーも楽しみにしてま~す。
2006/12/19(火) 01:21:57 | URL | kanga #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

けいと

Author:けいと
手縫をメインに良質な革を使い
かばんや小物を作っています。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



gallery



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言



本棚



天気予報



作品に関するお問い合わせはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



********



Copyright © けいとノート All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: chaton noir  ・・・  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。