--.--.-- *--*

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.01.21 *Sun*

マリー・アントワネット

マリー・アントワネット
「マリー・アントワネット」を観て来ました。
この映画のことは美容院で読んだ雑誌で知った時から「観たい!」と思っていました。
だって、私はベルばら世代。この名前を聞くと血が騒ぐんですもの~。
前評判によると、ありきたりな歴史映画ではなく、ポップでキュートなガーリー映画ということらしい。

公開したばっかりの日曜だというのに、客席はまばら。しかも大半がいいお年の夫婦と言う感じ。ここでの疑問は、ソフィア・コッポラは一体誰にこの映画を観て欲しかったのだろうか?という思い。
映画は予想通り、マリー・アントワネットからの視点で心の葛藤を描きつつも決してマリーが特別な人間ではなく今を生きる私たちとも共通する所があると感じさせてくれる映画だった。世継ぎを産まなくてはいけないという使命があるのに思うように行かず、周りから陰口を叩かれ、弟夫婦に先に子どもが生まれた時のマリーは本当に可哀想だった。寂しさや虚しさが痛いくらい伝わって来た。
ただ、その反面、時代背景等の詳しい説明は無いので、歴史を知らない人が観るとよくわからない所があるかもしれない。特に後半の子どもが死んだ所は余りにも短くてわからない人も多いんじゃないかな?と心配でした。
そして最初の疑問について思うのは、日本でこの話題に興味を持つのは私くらいの年代以上じゃないかということ。でもそう言う人たちにとってロックが流れるヴェルサイユ宮殿というのは受け入れられるのだろうか?本当はもっと若い世代に観てもらいたいんじゃないんだろうかな~。でも、今の若い人たちはフランス王朝に感心はあるのかな?

それでも、フランス政府の許可をもらって実際のヴェルサイユ宮殿で撮影した映像はすばらしかった。衣装も素晴らしい。出てくるスウィーツは当時のものではないらしいけど、おいしそうでカラフル。そして、キャストも良かった。ルイ16世はまさしくという感じだったし、フェルゼンはベルばらよりセクシーでかっこ良かった。そういう所が観れれば満足!という方にはいいかもしれません。
スポンサーサイト

COMMENT

お久しぶりです
kangaさんお久しぶりです。
ご心配をおかけしました。なんとか元気をとりもどしつつあります。大まかな事情はブログに載せました。おみぐるしいはなしですが・・・・・・
わたしは高校のとき世界史をとっていました、その中でいちばん好きな時代がフランス革命あたりで「ベルバラ」
にもはまりこんで読んでいました。
映画は見てませんが、kangaさんの映画を見ての感想がよくわかります。
2007/01/28(日) 17:04:47 | URL | ほずみ #- [Edit
ほずみさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
ほずみさんもベルばら好きなんですね。映画を観た後またマンガが読みたくなって実家に聞いたら取ってあるかどうかわからないなんて言われてしまって、ちょっとがっかりなんですよ。無いなら大人買いで完全版買ってしまおうかと思ってます。
映画は半額の日にでも行かれるといいかもしれません。マンガとは違ったマリーが楽しめますよ。
2007/01/28(日) 19:26:06 | URL | kanga #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

けいと

Author:けいと
手縫をメインに良質な革を使い
かばんや小物を作っています。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



gallery



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言



本棚



天気予報



作品に関するお問い合わせはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



********



Copyright © けいとノート All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: chaton noir  ・・・  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。