--.--.-- *--*

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.12.16 *Sun*

ブリーフケースの前胴とマチを縫う

: 鞄教室 :
先週ゴムのりを塗り残した部分を接着し、裏革の余分を切り落としました。
その後かぶせの余っている革を切り落とせばとりあえずかぶせ&背胴は終了です。
かぶせ

いよいよ前胴とマチの縫い合わせに入ります。それぞれ接着面を荒らしてからゴムのりを付けて接着します。前胴とマチの付け方は前回のセカンドバッグと同じです。でも、メモを見るとそこはメモってなくて、間違わないように先生にもう一度手順を聞いてから貼り合わせました。
いざ縫い始めようと思ったら、革が硬いからか菱ギリが研げていないからじゃ、菱ギリが通りにくくて仕方がありません。これでは進まないし、仕上がりも遅くなるので、砥石をお借りして研ぎ直しました。

菱ギリの方は少しはましになったけど、前胴の高さとウマの懐があわなくて、いい具合に前胴が収まらなくて縫いにくい。
時間中にはここまでしか縫えませんでした。
前胴
途中何度かウマにはめ直して体勢が変わったので、裏の目が少し乱れてしまいました。
でも、初めてこの縫い方で縫った時よりはましになったかな?
マチ側

今日で今年の教室はおしまい。なんとか1月中に仕上げたいので、続きが縫えるよう糸を持ち帰って来ました。冬休み中にでも縫おうかなと思っていたのですが、今日の午後は珍しく予定がなくのんびりだったので、縫っちゃえ!と言うことで縫い上げました。
前胴縫い終わり

太陽が差し込む暖かい部屋でのんびり手縫いをするっていいい感じでした。
今の鞄教室、以前はビルの4階で窓からの日差しが暖かく、生徒も1クラス4~6人程度でこじんまりとしていていい感じだったのですが、地下に移って人数も10人くらいまで増えてしまってからは以前のような暖かさが感じられません。先生は遠くて質問しずらいし、窓もなく太陽の光が入らないので、この季節は冷えきっていて糸に蝋も塗りにくい。4階までの階段はキツかったけど、前くらいの教室が良かったな~と思ってしまいます。
スポンサーサイト

COMMENT

いつもながら、手縫いの糸目きれいですね。手縫いはまだ初歩で分からないのですが、ピッチというのでしょうか?縫い目巾は決めておられるのですか?サイズ教えてください。いつも質問ばかりで申し訳ありません。
2007/12/17(月) 10:07:29 | URL | mayumi #- [Edit
mayumiさん、こんばんは。
お返事遅くなってごめんなさい。
縫い目のピッチは一寸の幅菱目打ちの中にいくつ菱目が並んでいるかで決まるのですが、これは9目の菱目打ちを使っています。
ハンズなんかで売っているクラフト社のは何ミリという風にピッチを表しているようですが、手縫いの教室ではこっちの何目という方が使っている所は多いのではないでしょうか?
こんな説明で分かりますか?
2007/12/20(木) 01:06:46 | URL | けいと #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

けいと

Author:けいと
手縫をメインに良質な革を使い
かばんや小物を作っています。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



gallery



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言



本棚



天気予報



作品に関するお問い合わせはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



********



Copyright © けいとノート All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: chaton noir  ・・・  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。