--.--.-- *--*

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.01.23 *Wed*

東京の雪

20080123081654.jpg
今日は朝から雪です。

<追記>

産まれてから大学を卒業するまで雪国金沢で育ったので、雪には思い出がたくさん。
そして好きな雪と嫌いな雪がある。

昨日のように風がなく、それからふわふわ舞落ちるぼた雪は好き。小学校の頃、窓からのりだし上を見上げ、空から降る大粒の綿のような雪が自分に降って来るのをじ~っと見ているのが好きだった。ゆっくりとだんだん大きくなってくる無数の雪たち。その様が何とも言えず不思議な気持ちになっていた。
風が強い日の地吹雪のような細かい雪は嫌い。小学校は冬でも素足にスカートだったから、足や顔に当たる雪が痛かった。
天気が良い積もったばかりの雪の上や、轍になって固まった雪の上を歩くのは好き。除雪車のギザギザの跡をシャリシャリ壊して歩いたり、交差点に向けて細くなる轍中心の盛り上がった所をどこまで崩さずに歩けるか、なんて事をやっていた。
解けかけてびしゃびしゃの雪の上を歩くのは嫌い。融雪装置がある道ではせっかくのきれいな雪も溶けて茶色になり車が通るたびに跳ね上げられる。
雪を使って坂を造ったりかまくらを作ったりするのは好き。金沢でも海に近い所だったから、そんなに多く降るわけでもないけど、家の前の田んぼは雪が降ると広い広い雪の世界になるので、小さな坂を作ってもらってミニスキーをしたり、小さなかまくらを無理矢理作ったりして遊んでいた。
車で出かけるために雪すかしをするのは嫌い。大学生の時は雪すかしをしないと車が出せないので大変だった。大学に付けば着いたら着いたで、駐車場も雪でどこに止めていいのかも分からない感じだった。バッテリーもすぐ上がってしまい、友人の車と繋いで充電したりもした。
・・・・

でも、どれもこれも、今となってはいい思い出。
金沢にいた時は嫌いな部分ばかり見ていて早く雪の降らない所に住みたくてしょうがなかった。
そして今。冬は晴天ばかりの東京に住んでいる。そんな東京で雪に出会うと、雪の好きな所ばかりを思い出す。
「ふるさとは遠きにありて思うもの」
そんなフレーズが頭をよぎる。
スポンサーサイト

COMMENT

雪降りましたね。
やったね!
(´・ω・`)ノENOKI
2008/01/23(水) 10:06:41 | URL | eno #- [Edit
enoさん、初めまして。コメントありがとうございます。
雪が降るとわくわくしますよね。
2008/01/24(木) 00:53:55 | URL | けいと #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

けいと

Author:けいと
手縫をメインに良質な革を使い
かばんや小物を作っています。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



gallery



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言



本棚



天気予報



作品に関するお問い合わせはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



********



Copyright © けいとノート All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: chaton noir  ・・・  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。