--.--.-- *--*

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.03.10 *Mon*

ファスナーの調節

バッグ作りを習うまで、自分でファスナーの長さを調節出来るなんて考えても見ませんでした。
ファスナーの長さを調節するには、ムシ(ファスナーの真ん中の金属やプラスチックの部分)を取り除く事が重要。わたしはほとんど金属ファスナーしか使っていないので金属のムシばっかりを相手にしています。
このムシをくいきりで切り取って必要な長さにするのですが、この取り方がコツがいって難しい。
バッグスクールで習った方法はくいきりで一度にムシの頭を3つくらい切ってから足の部分をくいきりで開いて取る方法。でもこれだと頭を切る時に切った金具がどこかに飛んでしまう事があって、家で作業するには向いていません。誰かが踏んづけたら大変ですから。
なので、家では以前通っていたかばん教室で習った方法で作業しています。

根元を切る
まず、ムシの足(足という表現でいいのかな?)の部分をくいきりで切ります。ちょうど頭の部分の付け根。足が一本だけ取れるように。

片方の足を切り取る
足が一本だけ切り取れました。

ムシが外れる
上手く切り取れれば後の部分はぽろっと取れます。
この方法だと金具が飛び散らなくて危険じゃないけど、慣れるまでは難しいです。慣れると結構早く一個一個取る事が出来ます。わたしもまだ時々綺麗に足を一本だけ切り取れなくて、そう言う時は頭を取ってしまって足と布地の間にくいきりを入れて足を開いて取り除いてます。

ファスナー完成
ムシが取れたらスライダーを入れてファスナー尻やファスナー頭を付けて完成です。
今回は両開きのファスナーにしたので両方ともファスナー尻でスライダーは2個入ってます。

ファスナーを付ける
そしてそれを縫い付け中です。
スポンサーサイト

COMMENT

私がファスナー屋さんに習った方法も1個ずつムシを切る方法です。
初めのうちは上手くいかなくて布地の部分まで切っちゃったりしたっけ。v-356
最近ボーっとしてて、スライダーを入れ忘れたまま金具で閉じてしまいました・・・。v-399
2008/03/11(火) 08:57:03 | URL | mitty #- [Edit
スライダーを入れ忘れたなんて、大変でしたね~。
今回の両開きのファスナーはやけにファスナー尻が突き刺さりにくくて苦労しました。買ったお店が違うから生地が違ったのかな?なんて思ってます。
わたしはまだまだ、油断すると生地がぼろぼろになる事があるので、まだまだ苦手な作業の一つです。修行あるのみですね。
2008/03/13(木) 00:33:13 | URL | けいと #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 


プロフィール

けいと

Author:けいと
手縫をメインに良質な革を使い
かばんや小物を作っています。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



gallery



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言



本棚



天気予報



作品に関するお問い合わせはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



********



Copyright © けいとノート All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: chaton noir  ・・・  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。