--.--.-- *--*

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.08.14 *Thu*

崖の上のポニョ

ポニョ

「崖の上のポニョ」を観に行きました。
わたしの中での前評判があまり良くなかったので、行くのをどうしようかな~と迷っていたのですが、どこにも行く所が無いし、ちょうどレディースディだったし、実ははすぼーが観たいと思っていたので、面白いかどうかは観てみなくちゃわからない!と思い、行ってきました。

いろいろ聞いていた先入観は捨てて、素直に観た感想は「おもしろ~い」です。
確かに説明が少なくてわかりにくい所や、5才でこんなにしっかりしてるのはどうかな?というような突っ込みは入れたくなるかもしれませんが、そんなことは考えないでみた方が良いのかな?と思います。Yahooの映画レビューではリサ(宗介のお母さん)の運転が乱暴だという意見や声優を使ってないから聞き苦しいなんて意見もありましたが、あの運転シーンは宮崎アニメならあって当然のシーンだと思うし、この映画では声優という表現ではなく「声の出演」と書いてあることや、聞いていても全然変な感じもしなかったことから、これはこれで良いんじゃないかな~と思いました。
とにかくそんな細かいことは気にしないで、素直に楽しめば良いんだと思います。この先どうなるんだろう?と久しぶりわくわくドキドキ出来た映画でした。ポニョが半魚人になった姿はちょっと子どもには気持ち悪く映らないかな?と言う気はしましたが、子どもはそんなに気にしてないのかな?
パンフレットは映画を見てから買ったのですが、映画を見る前に買って読んでおけば良かったかなと思いました。映画では説明されないポニョのお父さん「フジモト」が何者か、とか、何をしているのかと言う説明があったので、それはわかっていた方がもうちょっとわかりやすかったかな?と思いました。ただ、パンフレットを読んでもわからないのは、フジモトが作っていた「生命の水」が何のためのものだったのか?となぜそれが溢れたことでポニョが魔法の力を持ち、それが世界の破滅に繋がるのか、と言うことです。わたしの理解力が足りないのかな?観ていても不思議は解決出来ませんでした。それと、ポニョと宗介がリサを探すために通るトンネルのシーン。ポニョが「ここ嫌い」となにやら意味深なことを言う割には何も起きず、一体なぜここが嫌いだったのだろうと疑問が残りました。ただ、このトンネルのシーンの感じが、「千と千尋の神隠し」のトンネルを通る感じにちょっと似ている気がした、もしかしたら宮崎監督の思い出に関係しているのかな?と思いました。子どもの頃になにかトンネルに怖い体験でもあったのかな?なんて。

最後に、この映画を観て、「こんな街でのんびり暮らせたらいいな~」と思いました。宮崎監督の描く街はいつも素敵で住みたくなります。
スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


プロフィール

けいと

Author:けいと
手縫をメインに良質な革を使い
かばんや小物を作っています。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



gallery



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言



本棚



天気予報



作品に関するお問い合わせはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



********



Copyright © けいとノート All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: chaton noir  ・・・  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。