--.--.-- *--*

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.08.19 *Wed*

エジソン展

お墓参りは15日で済んでしまい16日は暇なので姉夫婦と末っ子ちゃんと一緒に21世紀美術館でやっている「エジソン展」を観に行きました。

新聞で盛況という記事を見たので朝一から行ってきました。
混んでいると言っても東京とは違ってゆっくり展示物を見ることが出来るくらいの混み具合です。
この展示はいろいろ触って体験出来る所が子ども向けでいい感じです。
金沢工大の学生がボランティアで随所に説明員として立っていて、詳しく説明をしてくれるのもうれしい点です。

これはエジソンが発明した歴代の電球と現在の電球を比べた展示です。
エジソンの電球
右上の物が現在の電球ですが、それ以外の電球はみんな頭のてっぺんにぴんと角のような物があります。「どうして角があるかわかりますか」と学生さんがやって来ます。
説明によると、電球の中は真空にしなくては行けないのだけど、昔は真空にする技術が進んでいなく、頭の上に管があってそこから中の空気を抜き真空にした後その管をカットしたから角が残ってしまうんだそうです。

こちらは蓄音機の中が見えるようにした展示。
蓄音機の中
ハンドルを回すと重りが回って約5分ほどは一定の速度で右の筒が回り続けるそうです。
そこに「ロウ管」という蝋を塗った管の表面に音を溝の深さで記録した物をはめ、針でその溝の振動を拾って音を再生しているそうです。ロウ管1本で約4分程記録出来るので、一度ハンドルを回せば1本分は聞けるんだそうです。

ロウ管
これは各種のロウ管。
ロウ管はコピー出来ないので1本ずつ記録するしかないそうで高価だったらしいです。

蓄音機
会場では時々蓄音機の生の音を聞かせてくれます。
何とも言えず懐かしい感じの音色でした。

エジソンは映像関係もかなり発明していて、アニメの原型とも言える仕組みも展示してありました。
立体スコープ
これは2つの写真を覗くと立体に見える仕掛けです。かなり立体に見えてびっくりです。

トースター
家庭電化製品も数多く発明していて、これはトースター。
ワンタッチでひっくり返せ、両面を焼くことが出来ます。

手縫ミシン
そしてなんと、ミシンも発明してました~。

会場では600円でこんなクイズ付きの音声ガイドを借りることが出来ます。
音声ガイド
番号の着いている展示の所で対応するページの番号をペンでなぞると説明とクイズが出題されます。
子どもは展示よりクイズに夢中になっちゃいますね。

そして、出口で音声ガイドを返すとこんなエジソンのチャームが貰えます。
エジソン

せっかく美術館に来たので中をぶらぶら。
これは有名なプールの下に人が見えると言う展示。
プール
下の部屋の天井が透明で水が張ってあるのでこんな風に不思議に見えるのですが、子ども達は下に行きたくてしょうがありません。でも、下の部屋に行くには企画展のチケットが必要。今回はちょっと我慢してもらいました。

何故かひょうたんが植えてありました。これも作品ですか?触っちゃダメと言われました。
ヘチマ
端の入れ物の中の収穫されたひょうたんは触っていいよと言われ群がる子ども達。
やっぱり子どもは見るだけより触れるのがいいのね~。
スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


プロフィール

けいと

Author:けいと
手縫をメインに良質な革を使い
かばんや小物を作っています。



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



gallery



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言



本棚



天気予報



作品に関するお問い合わせはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



********



Copyright © けいとノート All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: chaton noir  ・・・  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。