--.--.-- *--*

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.10.04 *Sun*

天使と悪魔

天使と悪魔

映画を観て原作よ読んでみたかった「天使と悪魔」をやっと読めました。
夏休みの帰省のときに上巻を買って、通勤や昼休みを使って少しずつ読み進めました。

映画を観ているので覚えているところは頭の中で思い浮かべながら読んでました。上巻の前半は反物質やイルミナティの説明が多くなかなか話が進まないのですが、中巻以降はどんどん盛り上がって行きます。
映画と比べるために読んだので常に「あっ、ここ違う。へ~っ、これはこうなんだ~」と思いなが読んだ感じです。違う所はいろいろあるのですが、一番違うのはラングドン教授と一緒に事件の解明をするヴィットリアの設定でしょうか。それとカメルレンゴと前教皇の関係。ヴィットリアは、映画では「反物質」を殺された研究者と一緒に作り出した同僚でしたが、原作ではその研究者の義理の娘でした。義父を殺されたヴィットリアの怒りが原作では底辺にずっと流れていて、それが最後のカメルレンゴと前教皇との関係やカメルレンゴの気持ちの変化に繋がっている様な気がするので、この設定は変えない方が良かったのかな?と思いました。でも、短い時間にまとめるには余分な話ということなのかもしれません。
結末も映画と小説ではちょっと違っていて、小説の方が救いがない感じ。映画の方がちょっとだけ救われる結末でした。

小説だけだと想像することが多すぎて疲れるので、映画を観てから小説を読んで、それを踏まえてもう一度DVDを観るとまた違った面白さがあるのかなと思います。
スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


プロフィール

けいと

Author:けいと
手縫をメインに良質な革を使い
かばんや小物を作っています。



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



gallery



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言



本棚



天気予報



作品に関するお問い合わせはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



********



Copyright © けいとノート All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: chaton noir  ・・・  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。