--.--.-- *--*

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.12.22 *Tue*

進路

ゆずは高校2年生。大学受験まで後1年である。
なのに、自分は高校を卒業してからどこに進みたいのかがさっぱり分からない様子。
就職するのか、専門学校に行くのか大学に行くのか。
自分の未来を描けない子に将来を決めて進路を決めろというのは酷なんだろうか?
1時間近く「どうして今考えなくちゃいけないのか」を説明し、「ゆずが本当にしたい事はなんなのか」と問いかけてもほとんど反応がない。
一体何を考えているんだろう。
一流大学を出ても100%就職出来るわけじゃない時代、かといって高卒じゃあもっと仕事はない。
何をしたいのかを考える時間を作るためにも大学に行ったらどうか?と勧めても、行きたい大学がわからない。
東京は大学が多すぎる。地方なら限りある大学の中から、学力や何となくの方向性、払える学費などからおのずと選ぶべき大学がしぼられて来るのに。選択肢が多すぎるっていうのも問題。
私は地方の公立大出身だから、東京のどこの大学がいいのかとかはさっぱりで、アドバイスのしようがない。何となく名前の知っているあの大学やこの大学は、果たして今のゆずが頑張れば入れるレベルなのかがわからない。
とりあえず、冬休み中に専門学校か大学、どちらに行くかを考えて、という事で話し合いは終わったけど、私の気持ちはゆずに届いたのだろうか。
すこしくらい時間はかかっていもいいから、本当に自分がしたい事を見つけて後悔のないように生きていって欲しいのだけど。むずかしいな~。
スポンサーサイト

COMMENT

うーん、ほんとに難しいですよね。
わたしにも同じくらいの子供がいたらと想像してみて、やっぱりアドバイスできない~と思っちゃいました。自分たちのときとはずいぶん違うからね。
確かに選択肢が多いのは考えもの。自分たちの頃は情報もあまりなかったし、調べる方法も限られてたから、知ってる中から選ぶしかなかった。学校も就職も、そうね、結婚相手も?!
今はいろんな比較もできて余計に迷っちゃう?
高2で将来のこと考えるのってピンとこないだろうなぁ・・・。でもやっぱり就きたい職業につながる道を選んで欲しいですよね。ってそれがわからないから悩んでいるのか。うーん・・・。
2009/12/22(火) 07:26:28 | URL | kobitoku #Wrby24/2 [Edit
昨年非常勤講師を務めた相模女子大(短大・生活デザイン学科)の生徒(2年生)で、全くやる気もなく、絵も描けず、最後の頃まで全然課題をしない生徒と話したことがあります。
「絵を描くことやデザインに興味があって入学したんじゃないの?」と聞くと、
「本当は、子どものころから犬のトリマーになりたかったんだ」と。
「じゃあ、なんでその専門学校に行かなかったの?」と聞いたところ、
「大学出てないと、どこで働いても給料安いじゃん。トリマーは給料低いらしいから、あきらめた」と答え、私はなんだかショックでした。
今の子はこういう子が多いのかしら・・と結構ショックでしたよ。
私は絵本の授業の講師なのに、この生徒にはずっと「今からでも遅くないからトリマーの学校へ行け」と何度もすすめました。
そして、私が絵本作家ではそれほど稼げず(よほど大ヒットをださない限り、全然儲からない職業です)、でもギリギリでも食べていけるくらい稼げれば、贅沢ができなくても、好きな仕事をして生きていける事は幸せなんだ・・・ということを、話しました。
「へ~っ、そうなんだ」と、そんな話を初めて聞いたかのようにびっくりしていました。
まわりの大人が、好きな仕事をして幸せそうにしているのを見せてあげれば、いつのまにかそういうことを自然と感じるものでは・・・と思い、きっと、けいとさんがお手本を見せているだろうから、ゆずちゃんはもう少し考えれば決められるのではないでしょうか。
・・でも、人ごとだからそんなこと言えるのかな。自分の子どもだったら、違うのかもね。
ちょっとでも、好きなことに関係する学校に行けば、少しずつ本当にやりたいことが見えてくると思うけどねえ。
う~ん、あまり参考になる意見じゃないかも、ごめん!
2009/12/22(火) 14:21:06 | URL | mari #9ByUIido [Edit
kobitokuさん、mariちゃん、ありがとう

子どもの学力と大学のレベルの比較が出来ないのがもどかしいです。学校が進学校じゃないからその辺の情報がさっぱりなんです。だからせめて塾に行けばと思うのですが、中学受験の塾のトラウマで塾には絶対行きたくないと言い張って困ってます。思わず、はすぼーの塾の先生に「上の子の進路が決まらないんです」と相談しちゃいました。その先生曰く、最近の高校生はそう言う子が多いらしいです。大学に行くのが結構当たり前になって来た事にも問題があるのかもしれませんね。何となく大学に行く子っていうのが多いのかな?私は行きたくてしょうがなくて、それでも行ける所が限られていて、どこなら行けるのかって必死だったから。そうじゃない子は就職で、私たちの高校からも就職する子っていたものね。
両親が4年生大学を出てるから、子どもも同じように大学を出るのが当たり前と考えてしまっていたけど、専門学校も調べて勧めてみようかなと考えています。
私はぜんぜんお手本になっていないですよ、残念ながら。怖いだけの存在のようです。厳しく、そして期待し過ぎて来たのかもしれません。
2009/12/23(水) 00:43:36 | URL | けいと #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 


プロフィール

けいと

Author:けいと
手縫をメインに良質な革を使い
かばんや小物を作っています。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



gallery



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言



本棚



天気予報



作品に関するお問い合わせはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



********



Copyright © けいとノート All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: chaton noir  ・・・  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。