--.--.-- *--*

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.05.29 *Sat*

残念ながら

今日うちに来るはずだった猫ちゃん達、譲渡会にいた猫の中にパルボに感染しているかもしれない子が居たらしく、この子達にも感染しているかもしれないから今は移動出来ないと連絡が有った。この子達はやめた方がいいのではという提案も有った。でもみんなあの子達が可愛くて早く家にきて欲しいと願っていたので「待ちます」と返事をした。実はこの子達、譲渡会の時点でお腹にコクシジウムがいた。(寄生虫の原虫)預かり人さんはきちんと落としてからお渡ししますと言っていたので気にしていなかったのだが、治療費は負担してもらうことになると言われていた。そう言われていたので、まだパルボと判定されていないがインターフェロンの治療をしていると聞いたので「治療費はどのくらいかかりますか」と聞いた。心配で調べたあるHPには治るまでに20万円もかかったと書いてあったので、そんなにかかるのなら(2匹なら2倍!)引き受けることを子ども達に諦めさせなくてはいけないかもと考えてしまったから。どうもそのことが預かり人さんの気に障ったらしく、「猫は子どもに与えるおもちゃではない、お金のことが全面に出ていて治療を否定している、愛護の気持ちがないなら引き受けて欲しくない、他の元気な猫を動物病院などで探した方がいい」等と言われてしまった。先週の土曜からず~っと猫達のことが頭から離れず、コクシは落ちたかな?と気になっていた矢先のパルボに感染しているかもという知らせ。初めての猫でましてや初めての里親。私の応対に不備が有ったのかもしれないが、とても悲しくなった。きっとあの子達はうちには来ない。せっかく2匹のために大きなケージを用意したのに、残念だ。今回の猫達は保護団体の猫。預かり人さんはその団体から依頼されて自宅で猫の世話をしている。預かり人さんからのメールに気持ちが落ち込んでしまい直接メールが出来なくなってしまったので、団体の代表の方にメールをした。出来るだけ事実と今の悲しく残念な気持ちを伝えた。すぐに代表の方から返事が届いた。そのメールを見て涙が止まらなくなってしまった。我慢していた辛い物が溢れて来てしまった。代表の方は「嫌な思いをさせて申し訳有りません。もう少し大きくパルボ検査済みの猫もいますのでそちらはどうですか?もうその預かり人とは会わない方がいいので譲渡会以外でお見合いを設定しますよ」と言って下さった。ありがたいけれど、今はあの子達がうちに来れなくなったことが悲しくて他の猫を考えられない。ちょっと時間をかけて次の子を探します。
スポンサーサイト

COMMENT

こんばんは。
私の友達もよく猫の預かりをやっていますが、彼らは無償の愛みたいな、
すっごいまっすぐな気持ちで猫や犬をレスキューしているので、色々な
意味でこういう話に敏感なんですよね。
でも、飼う側としてはなるべく長く一緒にいたいし、まだ一緒に暮らしてないところで
治療費がそれだけかかるといえばけいとさんの反応は当然のことだと思いますよ。
私も同じ立場だったらビビルと思います。
我が家のワンコもよく病院のお世話になり、諭吉さんがパラパラと飛んで行きますが、
それはもう家族だからなんですよね。その辺をくみ取れない直線なところが
一部のボランティアさんにはあるかなと思います。
身を削ってボランティアしてるのには頭が下がりますが、それぞれの家庭にも
事情があるということもバランス良く考えて欲しいな~と思うのは期待しすぎ
でしょうか?
子供のオモチャじゃないっていう言い方も、ちょっとひどいなと思いました。
団体の代表の方がいい方で救われますが、一度我が家に迎えようと思った
子が迎え入れられないことはホントに辛いですね。
気を落とさずに。。。
2010/05/29(土) 01:55:45 | URL | peco #YpqZtgVo [Edit
けいとさん、そういう事情だったんですね。
治療費のこととか大事なことだと思います。うちもお財布と相談しながら病院での治療の仕方を検討してますもの。(お金かかるから検査はしないとか。ダメな飼い主かな)
家に迎え入れた以上は最後まで責任があるので、誰だって元気で丈夫な子を望むのは当然です。
メールって確かに感情の行き違いが生じることありますね。
上のpecoさんのおっしゃっているようなことも確かにあると思います。
でも預かり人の方もけいとさんも猫ちゃんを愛しく思う気持ちは一緒なのにと思うとやるせないです。
それにしてもバルボ検査って何だろう?うちはたくさん生まれたのでもらって~っていうのをもらってきてケージもキャリーバックもなしでワクチンも検査もなしでした。ワクチン打ってないので今の動物病院では受け入れてもらえないこともあるそう。
2010/05/29(土) 06:59:32 | URL | kobitoku #Wrby24/2 [Edit
ひさしぶりにのぞいたら、こんなことになってて、びっくり!ネコさんを迎える準備をしていたんだね。
パルボウィルスは、感染力の強いもので、子ネコだと命をおとすことも多い病気です。治療するまでは渡せない・・・と言う向こうの言い分は、きっと親切なことだと思うよ。無責任に渡されて、すぐに発病して子ネコを亡くしている人もまわりにはいます。でも、言い方がよろしくなかったんだろうね。動物保護活動している方々は、ちょっと片寄った考え方になりがちかも。動物を愛するがゆえ・・・とも、とらえられるけれど。
ネコとの出会いは、急がずにゆっくりがいいと思います。
運命のネコさんとは、出会うべくして出会うそうです。
私もそう信じてるの。(先月亡くしたポロンの代わりをほしくなってしまう時があるのですが、今出会わないのは、きっと今ではないんだろうなあと。出会いって突然あったりするものです、きっと)
病気の子や病弱な子と出会って、それを治してあげる・・というのも、ひとつの出会いだと思いますが、今回は事前でストップがかかったから、次の出会いのためのひとつの勉強だったのかもしれないね。
いい出会いがありますように!
2010/05/29(土) 17:44:42 | URL | mari #hyT/BgEA [Edit
追記
さっき、書き忘れたことが・・。
組織としてのシェルターで、保護、譲渡をしているところもあります。そういうところは、病気の検査、ワクチン、(団体によっては避妊手術)・・などを行なった上での譲渡になり、それら諸費用(2~4万)はかかるようです。でも、それは命をお金で買うのとは違っていて、健康な子を渡すためには組織として必要な金額かな・・・と私は感じました。
参考までに、いくつか書いておきますね。

東京キャットガーデン http://www.tokyocatguardian.org/cats/index.php

ライフボート http://www.lifeboatjapan.org/satooya/cat/

他にもあると思いますよ。

2010/05/29(土) 18:10:48 | URL | mari #hyT/BgEA [Edit
pecoさん、ありがとうございます。
そう、真っすぐすぎる愛を感じました。そして、その子達の兄弟猫をすでに譲った先は、今回の感染疑いを聞いたら真っ先に病院に言って治療を始めているのに、お金のことをよく調べもしないでがたがた言って来るなんてと非常識!みたいな感じで言われてしまいました。すでに自分達の家族として迎え入れた人とこれからの人では思い入れに多少の違いは有りますよね。私だって、うちにきた後で発覚していれば何としてでも治そうと頑張ったと思います。でも、その方には猫のことで頭がいっぱいで、こちらのことを考える余裕がなかったのかもしれませんね。

kobitokuさん、ありがとう。
パルボはとっても危険な病気のようですよ。パルボのウイルスは感染力が強くて一年くらいは空気中に生きてるらしいです。普通は親の免疫が無くなる3ヶ月くらいに病院でワクチンを接種するらしく、そうすれば抗体が出来て平気になるそうなんです。
お金はね、難しいですよね。聞かなきゃ良かったな~と後悔しました。私がそんなこと聞いたばっかりに受け入れがダメになってしまったので子ども達に悪いことしたな~と。トライアルが決まった時点でちょっとしたつながりを感じてしまって、信頼関係が出来ていると錯覚してしまったんですね。実は向こうはちっともこっちのことなんか信頼してなかったんです。メールを読んでてわかりました。

mariちゃん、
忙しいのにありがとう。
治療をして元気になるまで待つことに反対はなかったのですけどね~。気をつけて言葉を選んでメールしたつもりだったのですが、それがかえって誤解を生んでしまったのかも。ブログに書くのは迷ったのだけど、前の記事で「猫が来ます」と書いてしまった物だから、きちんと書いた方がいいのかなと思って書きました。書いて、コメントもらって、それに応えていると少しずつ気持ちが落ち着いて来た気がします。保護してる方は凄く自分のやっていることに誇りというか使命感というかそう言う物を持ってるんでしょうね。もらう方はそこまでの強い気持ちがあるかと言うとそうでもないというか。上手く書けないのですが。
近所の動物病院にも譲渡会の案内がありました。近くの商店街のペット用品のお店でやってるそうです。その辺を散歩がてら見てみて、縁があったらうちに来る子がいるかもしれません。
2010/05/29(土) 23:33:36 | URL | けいと #- [Edit
楽しみにしてたのに
残念でしたね。

動物との意思疎通より、なまじ言葉があるから
人との付き合い方って難しいですよね。
電話やメールだと尚更こちらの気持ちを伝えるのって難しい。

ネコが感染していることに加えて、預かり人に誤解され
さらに不本意なやりとりは切ないですね。
こうなった今は、一度きっぱり忘れるしかないのかも知れません。
待ちわびていた気持ちのやり所に困るでしょうね。

行き場所のないネコや犬のためにも、人同士もお互いを
思いやれるようにしてもらいたいと思います。

以前、同じような保護活動している人と
ネコの里親になることで、あまりにも上から目線で
疑い深い質問に嫌気がさし、やめたことがありました。
ネコを思う気持ちは解るんですけどねぇ。
2010/05/30(日) 15:34:51 | URL | fuse #T3PHKgjQ [Edit
毛糸さん、残念なことでしたね、いやな思いをしたことはそうそう忘れられないとおもいますが、ここは、もう縁がなかったと、すっぱり切りましょう。

もちろん健康体で、元気印をはんこで押したような子にこしたことはありませんが、譲っていただく子にはこれからあまり細かいことに期待しないほうがいいかもですね。

人間が間に入るので、言葉がうまく気持ちや考えを表してくれないことでかえってこじれることがありますね。人間が作った便利なはずの言葉なのにネ。

でも、勇気を出してけいとさんが、ここにこうしてその”憂鬱な” ”言葉”で皆さんに気持ちを伝えたので、こんなにいっぱい励ましや同感などのメッセージを聞くことができたんですよ。よくがんばりました。早く上昇方向に向かいますように!

うちにもどこからかきていついた猫がいましたが、知らないうちに家族になりましたよ。動物病院にもよく行きました。そこの先生はワクチンが打ってあろうとなかろうと、そこにある命がその人の家族であるなら助ける手伝いをします、っていう人でした。猫がいなくても今でも懇意にしてもらってますよ。
いつか縁がある子に出会ったら、今度はよい動物病院に出会えるといいですね。いいつながりを祈ってますよ。

2010/05/30(日) 18:58:28 | URL | トッカータ #- [Edit
fuseさん、ありがとうございます。
同じように嫌な思いされたことがあるんですね。そういう人結構多いんでしょうか?たくさんの保護猫がいて少しでも多くの里親を見つけたいなら、もう少しゆるく考えてもらってもいいのなと思うのですが、保護されている方はもっと崇高な使命感をもたれているようなので、温度差があるんでしょうね。
今回のことは勉強になりました。次はもう少し外側から物事を見て進めたいと思ってます。

トッカータさん、ありがとうございます。
以前何の気なしに書いた記事に辛辣なコメントをいただいてから、あまり自分の深い考えや思いを書かないようにしていたのですが、今回はたくさんの方から励ましのコメントいただいてありがたいです。あちらはあちらで、一生懸命治療に手を尽くしているのにお金ことをよく調べもしないでああだこうだ言って来るなんてなんて非常識な人と思ったようです。お互いがお互いのことを思いやれなかったのかもしれません。次はもう少し距離を置いて冷静にを心がけます。
2010/05/31(月) 00:46:34 | URL | けいと #- [Edit
悲しい出来事でしたね。。
人と人が理解し合うということはいろんな場面において、本当に難しいものですよね、

言葉が間違っていないとよいのですが
ただ、ただ新たなよき出会いが訪れることを祈っています、
2010/06/01(火) 01:01:32 | URL | izumi #- [Edit
izumiさん、ありがとう。
新しい出会いがあれば気も晴れるかな?とも思うのですが、里親はちょっとまだ怖いんです。
2010/06/01(火) 23:44:58 | URL | けいと #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 


プロフィール

けいと

Author:けいと
手縫をメインに良質な革を使い
かばんや小物を作っています。



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



gallery



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言



本棚



天気予報



作品に関するお問い合わせはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



********



Copyright © けいとノート All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: chaton noir  ・・・  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。